Such an ordinary scene


お鉢巡り 駒ヶ岳から三島岳まで

iPhone

前記事 の 御殿場ルート頂上 の写真にも写っていたのだが、
御殿場ルート頂上のすぐ上に 三番目のピーク、 駒ヶ岳(標高3,722m) がある。
上の1枚目の写真で言うと、白い祠があるところが 駒ヶ岳 の頂上らしい。
駒ヶ岳 は麓側、大内院側 には 四番目のピーク、浅間岳(標高3,722m) がある。
浅間岳 も 『八神峰』ではないが 『八神峰』のひとつで、
頂上に白い鳥居があるらしい。
駒ヶ岳の ほうに気を取られてしまい見逃した(恥

iPhone

駒ヶ岳 を過ぎると、富士宮ルートの頂上に出た。
ここには 富士山浅間大社奥宮 や 頂上富士館(山小屋) がある。
頂上富士館 の後ろに写っているのが五番目のピーク、三島岳(標高3,734m)。
浅間岳 と同じように、頂上に白い鳥居がある。

iPhone

富士山浅間大社奥宮。
お守りを戴いた(買った) 久須志神社 は この浅間大社の末社。

iPhone

富士宮ルートの頂上。
富士登山の4ルートのうち、一番距離が短いのがこのルート。
4年前に登った 宝永山 はこのルートの六合目から登った。

iPhone

富士山浅間大社奥宮 の前を通過し
五番目のピーク、三島岳 の手前の 「このしろ池」 辺りから
大内院(旧噴火口) を覗いてみる。
噴火口の底部が見える。
底部の左側に突き出た岩が 「虎岩」 。
平安時代に登頂したと言われている都良香(みやこのよしか)の『富士山記』の記述に
この 「虎岩」 のことが 「蹲虎(うずくまる虎)の如し」 と載っているそうだ。
「このしろ池」 は雪解け水の水溜りなのだが、
残念ながらこの日は水が全く無く、ただの平地になっていたので
よくわからなかった(汗
もしも水があって無風状態だったら
「このしろ池」 の水面に ”逆さ剣ヶ峰” を見ることができる。

|2017.09.10(Sun) |富士山 2017  |

お鉢巡り 伊豆岳から御殿場ルート頂上口まで

iPhone

富士山山頂の八つのピーク、『八神峰』 を巡る 「お鉢巡り」、
ひとつ目のピーク、 成就岳(旧大日岳、標高3,735m) は頂上まで登り切ると
落石防止のため、頂上から先に続く道が無い。
そんなわけで一旦、吉田・須走ルート下山道口の分岐まで戻った。
分岐からは 御殿場ルートや富士宮ルート方面への道を歩いた。
1枚目の上の写真がその道で、成就岳(旧大日岳) の脇を通って
二番目のピーク、伊豆岳 へ向かう。

iPhone

伊豆岳(標高3,749m) は頂上までの道が無い。
成就岳(旧大日岳)と同じように、伊豆岳の脇を通って
「荒巻」と呼ばれる強風の吹き荒れる道を下る。
そんな「荒巻」で 伊豆岳 を振り返ったところが二枚目の上の写真。
ちなみに、理由は分からないが
伊豆岳 は標高が高いにも拘わらず 『八神峰』 には含まれていないらしい。

iPhone

成就岳(旧大日岳) から 伊豆岳 の間では麓側に
やはり4年前に登った 宝永山 が見えた。
宝永火口 までは見えなかったが、宝永山 の山頂はしっかり見えた。
須走ルート や 御殿場ルート で下れば 宝永山 の全景も見渡せるだろう。
今回は吉田ルートでの下山なのがちょっと悔しい。

iPhone

上で「二番目」と書いた 伊豆岳 が 『八神峰』 には含まれないので、
二番目は 朝日岳(旧成就岳、標高3,733m) ということになるのだが、
その 朝日岳、写真も撮らずに通り過ぎてしまい(汗
次に撮っていたのが 朝日岳(旧成就岳) の南斜面にある 東安河原(東賽ノ河原)。
ここには 中央気象台臨時富士山測候所 が設置されていたらしい。
逓信省富士無線中継所 でもあったらしく、
観測所が 剣ヶ峰 に移設するまでここにあった。
写真向かって右側に「富士無線中継所記念碑」、
その左側に「栗山國雄君殉職碑」が建てられていた。
この「栗山國雄」という人物は、超短波多重通信電解強度試験のために
山頂に滞在している間、強度の高山病に罹って亡くなったのだという。

iPhone

東安河原 を下りたところが 御殿場ルート の頂上。
鳥居の左側の建物は、8月20日(平成29年度)まで営業していた 郵便局。
ご覧のようにもうポストさえ無く閉鎖されていた(涙
手前の石碑には「富士山頂浅間大社銀明水」と書かれていて、
御殿場ルート頂上の手前 この写真を撮っている私の背後に
柵に囲まれた祠があったらしいのだが気付かず(汗)
その祠が 「銀明水」 の湧き出ていた場所らしい。
富士山山頂における貴重なふたつの水場のうちのひとつだったが、
残念ながら現在では枯れてしまっている。
この石碑には他に、「御殿場口下山道」と書かれている面もある。

iPhone

|2017.09.10(Sun) |富士山 2017  |

お鉢巡り 成就岳(旧大日岳)

iPhone

久須志神社 から 山頂銀座 を経て 写真の 吉田・須走ルート下山道口へ。
この下山道口の前に 成就岳(標高3,735m) への分岐がある。
成就岳 の旧名は「大日岳」、2014年に時代や資料等による変遷があり、
現在では 成就岳 となった。

iPhone

成就岳(旧大日岳) への途中で振り返り、 『山頂銀座』 を望む。
”銀座”と呼ばれるだけに、そこだけ建て込んでいるのが判る。

iPhone

右上が 成就岳(旧大日岳)。
この辺りを歩いている時が一番風が強かった。
突風で顔や服が一気に土埃まみれになる。

iPhone

成就岳(旧大日岳)頂上 の鳥居と賽銭箱。
背後に 剣ヶ峰 が写っている。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |

久須志神社前からお鉢巡りへ

iPhone

「富士山山頂でご来光を拝む」 という目的を果たして
次なる目的は、前回できなかった お鉢巡り。
その前に 吉田ルート頂上近くにある 富士山浅間大社の末社
久須志神社 でお守りを戴く(買う)。

iPhone

1枚目の写真では石碑の右側に写っている 久須志神社。
ご来光後には記念写真を撮影する登山客でごった返した神社前。

iPhone

通称 『山頂銀座』 と呼ばれる吉田・須走ルート頂上付近の山小屋集落は
この日が平日だったためか、営業中の山小屋(売店)はたった一軒、扇屋 のみ。
そんな状況なので、ご来光待ちで身体を冷やした登山客が
温かいものや朝食を摂りたいなど大混雑になった。
店の入口からは長い列もできた。

iPhone

吉田・須走ルートの下山道口付近から朝焼けに輝く 剣ヶ峰 と
旧噴火口の 大内院(だいないいん) を望む。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |

富士山山頂でご来光を拝む

iPhone

この日のご来光は5時5分頃の筈だったのだが、
地平線近くに雲が出たため、少し遅れての日の出になった。
幸い、雲海で麓の景色が全然見えないというわけでもなく、
青空に、朝焼けに、雲海に、山中湖に朝陽が照らされ、
周囲がどんどん明るくなっていく様はとても幻想的で
大感動だった。
カメラを持って行かなかったのがやはり悔やまれたのだが、
スマホのカメラでもこれだけ撮れればいいやと納得。

iPhone

まだ夜明け前の山中湖。
これも幻想的で好きな一枚。

iPhone

山頂直下の 鳥居御橋 付近でご来光を眺める登山客たち。

iPhone

頂上の 富士山浅間大社奥宮の石碑 の周りでご来光を眺める登山客たち。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |

本八合目のトモエ館から頂上まで

iPhone

今回宿泊した 本八合目トモエ館 から 吉田ルートの頂上 までは
標高差270m。
標準コースタイムで登れれば1時間20分ほどで着いてしまう距離。
明るい時間に山小屋前から山頂付近の写真を撮ったら
九合目の鳥居や、山頂直下の鳥居御橋、
そして 富士山浅間大社奥宮の石碑まで見えた、それが1枚目の上の写真。

iPhone

夕方の5時半には夕食を摂り、6時には寝袋に入って就寝。
たっぷり6時間ほどの睡眠を取って、深夜の2時頃に起床。
2時半には準備を整え山小屋を出発。
その頃の模様が2枚目の写真。
ヘッドライトを照らしながら山頂へ向かう登山客の光のラインが見える。

iPhone

登り始めて20分もしないうちに
九合目の山小屋 ご来光館(標高3,450m) の前を通過。
吉田ルートはこの ご来光館 が一番最後の山小屋。

iPhone

九合目の ご来光館 から30分ほどで 九合目の鳥居を通過。

iPhone

九合目の鳥居 を通過した辺りから夜空が白み始め、
山頂直下の 鳥居御橋 を通過する頃には朝焼けで空が赤く染まり始める。
左上には山中湖が見えている。

iPhone

本八合目からちょうど2時間で頂上に到着(吉田ルート頂上)。
ご来光までには1時間近く余らせ、ご来光撮影の場所取りまでできた。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |

本八合目で影富士と山小屋泊

iPhone

本八合目の山小屋は 富士山ホテル(標高3,400m) と
本八合目トモエ館(標高3,400m) のふたつ。
私たちのこの日の宿泊は トモエ館 で、夕方の5時20分頃着いた。
登り始めてから6時間10分ほど掛かったが、高山病にも罹らず、
もう少し登れるほどの余力まで残っていて妙に驚く。

iPhone

本八合目の石碑。
ここから上は麓の 富士山本宮浅間大社 の境内になる。
この石碑は 本八合目トモエ館 と
須走ルートの 胸突江戸屋(上江戸屋・標高3,400m)との間にある。

iPhone

陽が沈む前に見えた影富士。
これも見たかった & 撮りたかった風景のひとつ。
本八合目の 富士山ホテル 辺りでやっと見れたのだが、
陽が沈み始めた八合目の 白雲荘 からでは見えなかったので慌てた。
どうにか間に合ってよかった!

iPhone

この日の夕食は ハンバーグ付きのカレーライス。
白雲荘 でも似たような感じだったっけ(笑
前回は高山病でほとんど食べられなかったのだが、
今回は見事に完食。

iPhone

山小屋からポストカードを出す。
山小屋で絵葉書セットを買うと山小屋のスタッフが
ポストへ入れて送ってくれるサービスがある。
山頂の郵便局から送るつもりでいたのだが、
今年は8月20日で業務を終了してしまったので
この山小屋でのサービスを利用した。

iPhone

食事後に再び外へ。
陽が沈み、どんどん暮れていく空を眺める。
今日の無事を感謝し、明日の無事を祈る黄昏時。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |

八合目の太子館から元祖室まで

iPhone

八合目の山小屋は 太子館(標高3,100m) に始まり
蓬莱館(標高3,150m)、白雲荘(標高3,200m)、
元祖室(標高3,250m) と続く。
日本で一番標高が高いのは富士山だが、
二番目に高いのが南アルプスの 北岳(標高3,193m) なので、
白雲荘 まで登れば 北岳 より高いところまで登ったことになり、
残すは富士山山頂ということらしい。

iPhone

太子館 には 八合目救護所 が併設されている。
七合目救護所と同じように、登山シーズン中の一部期間開設し、
医師が常駐して24時間体制で診療に当たっている。
太子館の少し上には吉田ルートの下山道からも来られるよう
横道が通っている。
写真はその下山道からの横道。

iPhone

蓬莱館 の西側には 蓬莱亀岩八大龍神 という石碑と
落石防止壁の向こう側に亀の形をした大きな岩がある。
この岩の下に 亀岩八大龍神が祀られている窟 があるらしいのだが、
登山道からは外れているため、亀岩と石碑だけカメラに収めて通過。

iPhone

4年前の初めての富士登山で利用した 白雲荘。
その時はもっと暗くなってからの到着だった。
夕食も食べられず軽い高山病に罹ってたっけ。
ここから先の登山道や景色は夜中だったため、
ヘッドライトではほとんど判らず、
記憶の中でも空白の部分だったのだが、
今回の富士登山でそこが埋められ、非常に喜ぶ。

iPhone

八合目の3番目(最後)の山小屋 元祖室。
元祖室 横の大きな鳥居の向こう側には
富士講中興の祖「食行身禄」が祀られている烏帽子岩があり、
富士山天拝宮 も併設されている。

iPhone

元祖室 から上を見上げると三日月と共に
本八合目の山小屋が見えた。
この時期はもう少し高いところでないと
影富士も見えないので先を急いだ。

|2017.09.09(Sat) |富士山 2017  |




Information


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

二度目のリスタート前の振り返り (09/20)
富士山2017「リベンジご来光」を振り返って (09/17)
五合目ロータリーまで無事下山 (09/16)
富士山山頂から下山 (09/16)
お鉢巡り 久須志岳から頂上銀座まで (09/16)
お鉢巡り 雷岩から金明水まで (09/15)
お鉢巡り 剣ヶ峰から大沢崩れ源頭部まで (09/13)
お鉢巡り 馬の背から剣ヶ峰まで (09/11)

Categories

富士山 2017 (20)
雲取山年越し山行 (39)
栗沢山登頂 (24)
尾瀬紀行 2016 至仏山 (48)
イタリア旅行記 (46)
パリ旅行記 (78)
ニューヨーク旅行記 (48)
日帰り山歩き (9)
七面山登詣 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
富士山 2013 (30)
谷川岳 2013 (24)
尾瀬紀行 2013 (14)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (35)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (43)
earth film (3)
写真展のお知らせ (11)
ボステリ娘 (14)
その他 (13)
Photobook (13)

Archives

2017年09月 (20)
2017年08月 (12)
2017年07月 (21)
2017年06月 (3)
2017年05月 (6)
2017年04月 (3)
2017年03月 (6)
2017年02月 (20)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (10)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。