Such an ordinary scene


アンコール・トム - バイヨン 4.

Olympus OM-D E-M5

上部テラスのどこだったか忘れてしまったのだが、
窓の向こう側に観世観音菩薩像の横顔が、
窓の内側に ブッタ像が祀られていたのが
とても印象的だった場所。

Olympus OM-D E-M5

上部テラス で見た美しいデヴァター像。
右の像は足を見れば彫りの深さがわかる。

Olympus OM-D E-M5

Olympus OM-D E-M5

上部テラスに隠された場所でみつけた 観音像とアプサラのレリーフ。
後世に上層が造られたことがわかる。

Olympus OM-D E-M5

北門 の外側には遺跡の未修復部分が
ご覧のように積まれたままになっている。

|2018.09.24(Mon) |カンボジア旅行記 2017  |

アンコール・トム - バイヨン 3.

Olympus OM-D E-M5

第一回廊 の東面と南面のレリーフを観た後、
南門 から 写真の 第二回廊 の 四面仏塔 をくぐり、
上部テラスへ向かう。

Olympus OM-D E-M5

四面仏塔をくぐった時に撮った天井部の写真。
この四面仏塔は天辺に穴が開いていた。
これは崩れたものなかどうか、ガイド氏に聞くの忘れたが(だめぢゃん...
内部のレリーフは南面のレリーフ同様、未完成っぽい。

Olympus OM-D E-M5

アンコール・トム の中央祠堂。
高さ43m、直径約25mの基部を囲むように小さな拝堂(部屋)が12ある。
中央祠堂 には入口が4つあり、薄暗い八角形の内部には
16世紀頃に造られたという仏像が安置されている。
この内部へはガイド氏を外に待たせて入ったのだが、
中では線香も売っていて、参拝客が絶えない。

Olympus OM-D E-M5

上部テラス の中央に 中央祠堂 があり、
この 中央祠堂 を囲むように大小16の 四面仏塔 が
建てられている。
上部テラス の南西側に、菩薩の顔が三つ並ぶ撮影ポイントがあり、
その場所から撮った写真が四枚目の上の写真。

Olympus OM-D E-M5

上部テラス の北西側にある最も有名な観世音菩薩像。
カンボジア の200R(リエル)紙幣にも描かれている。

Olympus OM-D E-M5

四面仏塔 は祠堂になっており、内部に入ることができる。

|2018.09.24(Mon) |カンボジア旅行記 2017  |

アンコール・トム - バイヨン 2.

Olympus OM-D E-M5

入口である 東門 を入り、
第一回廊 と 第二回廊 の間の境内から撮った 第二回廊。
写真に写っている観光客の大きさで
四面仏塔の大きさも推測できるだろうか。

Olympus OM-D E-M5
第一回廊側から撮った 東門側の第二回廊。

Olympus OM-D E-M5
第一回廊側から撮った 南門側の 第二回廊。

Olympus OM-D E-M5

第二回廊 の内部。
第一回廊や小部屋などをつないでいるのが第二回廊。
見事なレリーフまみれの 第一回廊 に比べて
ガランとした印象の 第二回廊 だが、ここにもレリーフはある。
仏像やヨニ(石材でできた女性器)、リンガ(石材でできた男根)が
置かれている場所もある。
ただ、ガイド氏の鑑賞コース上、一番ご縁が無かった場所。
その為、レリーフも観ておらず、屋根の無い廃墟のような部分や
写真の場所くらいしか記憶に無く...(涙
ガイドブックを調べても、第一回廊 と 第二回廊 では、
第二回廊 の方が写真や説明が圧倒的に少ない。

Olympus OM-D E-M5

|2018.09.24(Mon) |カンボジア旅行記 2017  |

アンコール・トム - バイヨン 1.

Olympus OM-D E-M5

まずは アンコール・トム遺跡 の説明を簡単に。
アンコール・ワット の北に位置し、
「アンコール」は「都市」を、
「トム」は「大きい」を意味する城砦都市遺跡。
1辺が3km、周囲12km、幅130mの環濠に囲まれ、
その名の通り、アンコール・ワット の約4倍の広さを誇る。

創設は9世紀(889年)、正式名は 「ヤショダラプラ」 という。
ヤショバルマン1世 が プノンバケン を中心山寺として
周囲16kmの城壁に囲まれた都を創ったのが始まり。
その後は ラージェンドラヴァルマン2世、スールヤヴァルマン1世、
ジャヤバルマン7世 と歴代の王たちが
それぞれ造った寺院を中心に造り変えてきた。

Olympus OM-D E-M5

バイヨン は ジャヤバルマン7世 によって
アンコール王朝最盛期の12世紀末頃から13世紀にかけて
アンコール・ワット王朝一の最高傑作を目指して造り上げられた寺院。
アンコール・ワット寺院 の入口が西門に対し、
この バイヨン は入口が東門 になっている。
上の写真は東門で、写真には写っていないのだが、
手前(外側)の両脇には聖池がある。
観世音菩薩をイメージして彫られた四面仏塔があるのが バイヨン の特徴で、
この四面仏像は 「クメールの微笑み」 と呼ばれている。
全部で196面あるのだが、どの顔もひとつとして同じものはないという。
建設当初は仏教寺院として造られた バイヨン だが、
ジャヤバルマン8世 の即位後はヒンドゥー教の寺院になり、
現在は仏教とヒンドゥー教の混合寺院となっている。

Olympus OM-D E-M5

回廊は二重になっており、
第一回廊 の外側壁面には
チャンバ(ベトナム中部にあった国)軍との戦いの様子や
日常的な庶民の生活、貴族の暮らしが盛り込まれたレリーフが
施されている。

Olympus OM-D E-M5

第一回廊 のレリーフ。
12世紀のチャンバ軍との戦いを中心に
兵士たちの行軍の模様や、当時の庶民の暮らしなどが
上下3段、または4段に分けて描かれている。
上段ほど身分の高い者の様子・・とガイド氏は説明したが、
上段が遠景、中段が中景、下段が近景・・というのが本当らしい。

Olympus OM-D E-M5

東側壁面。
チャンバ軍との戦いへの行軍などが描かれている。
写真向かって左側は、髷を結い、髭をたくわえた中国人兵士たち。
右側は、短く刈り込んだ髪、長く伸びた耳たぶが特徴のクメール人兵士たち。

Olympus OM-D E-M5

南側壁面。
トンレサップ湖 での戦闘の様子などが描かれているのだが、
この面は未完成な部分が多い。

|2018.09.24(Mon) |カンボジア旅行記 2017  |

カンボジア旅行記2017、リスタート

Olympus OM-D E-M5

昨年(2017年)の11月に訪れた カンボジア。
この カンボジア旅行記 は2ヶ月余りも更新サボったまま
現在に至る(恥

ブログはしっかりサボっているけど、
その後もいろいろ遊びに行って(何
カンボジア旅行 の後、今年の5月には 再び海外へ飛んだり、
その後は 前記事 をご覧の通り、三度目の富士登山 も果たしたりして
そっちの登拝記 が先に終わっちゃった。
こうなるともう、時間軸が先に飛んだり後ろに戻ったりで、
めちゃくちゃ感ありありだが、このままぢゃだめだよね・・(滝汗

ってことで、カンボジア旅行記 のリスタート。
リスタート恒例、ここまでの振り返りを簡単に。

ちょっとしたトラブル(?)で ハノイ経由 だった筈の シェムリアップ行き、
ダノン経由 で搭乗したのは私たち夫婦だけという往きの飛行機だったが、
それでも、同日夜には無事 シェムリアップ に到着。
翌朝は早朝から入場券売り場へ向かい、
アンコール・ワット でのご来光を拝む。
ご来光後は、一旦ホテルに戻って朝食を摂り、
プライベート・ツアーで アンコール・トム へ向かった。

再開は記事がストップしてたその場所、
アンコール・トム の メイン門である 南大門 での記念写真から。
※ここまでの旅行記は コチラ

|2018.09.17(Mon) |カンボジア旅行記 2017  |

富士山2018「リベンジ御朱印」を振り返って

YI

カンボジア旅行記 のブレイクタイムにとアップしてきた 「富士山 2018」 。
さすがに3度目の富士登山ゆえ、前の2回と比べると
記事数も少なく、手抜き感ありあり(何
もう登らないだろうと思っていた 富士山 だったから、
嫌々ではないけれど、やれやれどっこいしょ的な(謎
少し後ろ向きな感じが最後まであったように思う。

3度も登ったというのに、3度目の今回で高山病になったり、
下山の記事上では触れなかったけれど、
本八合目辺りで派手に転倒して、骨こそ折らなかったものの
顔面を怪我したりと、今回が一番不甲斐ない結果だ。
週3のフィットネスだけではもうこれまでのような体力は
養えなくなっているのは確か。
そもそも、来年は還暦を迎えるわけで(恥
落ちる一方の体力をもっと上げるよう努力しない限り、
山には登れないということが、今回も身に染みて分かった次第。
っていうか、今年の一本目が富士山っていうのが問題か(それ

それにしても、今回も天候に恵まれ、ご来光まで拝めて
本当にラッキーだった。
記念の御朱印までしっかり戴いたし、
やっぱり登って楽しかったし、良かったと振り返る。
もしかしたら、御朱印のご利益で
登頂時の高山病や下山時の怪我が軽く済んだのかもしれない。
高山病になったのが頂上に近い地点だったし、
下山では捻挫や骨折でもおかしくないような
派手な転倒をしたのだから(大恥

■今回の登頂データ
富士山 吉田ルート(1泊2日)
コースグレード:初級、技術度:★★、体力度:★★★
歩行距離: 約13.8km  標高差: 約1,405m
標準コースタイム: 登り6時間25分・下り3時間50分

※1日目 五合目ロータリーから本八合目トモエ館まで 6時間41分(休憩時間を含む)
※2日目登り 本八合目トモエ館から頂上(久須志神社前)まで 2時間22分(途中で高山病発症)
※2日目下り 吉田・須走ルート口から五合目ロータリーまで 5時間5分(休憩時間を含む)

高速バス: 富士急行バス 富士山五合目~新宿線
宿泊: 本八合目トモエ館
休憩: 頂上扇屋

|2018.09.13(Thu) |富士山 2018  |

富士山山頂から下山

iPhone

ふたつの奥宮を訪れた後、
お鉢巡りをする予定だったのだが、
その時点で私の食欲(?)が戻っておらず、
また、帰りのバスの時間が昨年より早いということもあって、
扇屋(頂上の山小屋)で休憩の後、下山することに。
その前に、頂上石碑の前で記念撮影(笑

iPhone

下山開始後すぐに
登頂時、暗闇の中で通過した山頂直下の 鳥居御橋が見えた。

iPhone

登頂時は2時間余りの距離にある
本八合目の山小屋を見ながらの下山。

iPhone

写真向かって左側が八合五尺の山小屋、御来光館。
右側には昨夜泊まった山小屋 本八合目トモエ館 と
上江戸屋(胸突江戸屋)が見えている。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

山頂で見た景色

iPhone

苦労して登った富士山山頂からの景色。
景色もまた一期一会、昨年と同じ場所でも違って見える。
一枚目の写真の左下部分には本八合目の山小屋が見える。
あそこから登ってきたのか、と振り返るだけでも、
また、途中で高山病に苦しんだことも乗り越えて
感動でじんわり涙。

iPhone
手に取れそうなかわいい吊るし雲。

iPhone
大内院(噴火口)に現れたブロッケン現象の光輪。
空にポツンと見えている白い点(?)は月。

iPhone
ガスが晴れ、剣ヶ峰 や 虎岩 が見える。

iPhone
東安ノ河原の木道からの眺め。
頂上奥宮(赤い屋根)、浅間岳(頂上に白い鳥居)、
銀明水(柵に囲まれている)、
御殿場ルート頂上の鳥居(左下)、
郵便局(すでに閉鎖後、一番手前の建物)。

iPhone

昨年の登頂時に見逃した唯一の山、浅間岳。
うっすらとガスに覆われ、
逆光で青みがかった太陽が印象的だった。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

山頂のふたつの奥宮に参拝

iPhone

今回の富士登山のサブ・テーマが 「リベンジ御朱印」。
いや、こっちがメインだったかもだが(何
当然、頂上のふたつの奥宮に参拝して
しっかり御朱印を戴いてきた。
まずは、吉田ルート と 須走ルート を登りつめた頂に位置する
富士山本宮浅間大社の末社、久須志神社(東北奥宮)から。

iPhone

久須志神社 の御朱印は二種類ある(ひとつ1000円)。
今年は 「天皇陛下御即位三十年」 という年でもあって、
今年限定の御朱印 を無料で戴くことができたのだが、
上記二種のうちのどちらか、または両方頼まないと
今年限定の御朱印を戴くことはできない。
こちらでは一種類だけ頼み、今年限定の御朱印も戴いた。

iPhone

富士宮ルート を登りつめた頂上に位置する
富士山頂上浅間大社奥宮(頂上奥宮)。
御殿場ルートの頂上からも近い。

iPhone

頂上奥宮 の御朱印も久須志神社同様、二種類あって、
こちらでは両方戴いてきた。
富士山頂上で戴いてきた御朱印の色が
いわゆる「朱色」でなく茶色がかっているのは、
朱肉に富士山の溶岩が練り込まれているからだそうだ。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

富士山山頂でご来光を拝む

iPhone

昨年と今年で、登頂が1日しか違わないのに
昨年と今年で、空が明るくなる時間がかなり違った。
昨年と今年で、山頂到着時間は15分と違わなかったし、
今年のほうが遅かったのに、
今年のほうがご来光を待ってる時間が長く感じられた。
それはやっぱり高山病に罹ってしまったせいで
眠気がすごかったからだろうし、
昨年より風が強くて体感温度がより低く、
寒さに足まで震えていたからかもしれない。

iPhone

ご来光直前にガスが掛かってしまい、
やけに儚いご来光。
気付かない登山客もいたりして。

iPhone

儚いなりにもやっぱりご来光、
周囲から「わーーーっ!」と歓声が上がり、
山頂の登山客が一斉にカメラを向ける。

iPhone

ガスが晴れてくると、眩しいほどのご来光が。
ここまで登った人だけの絶景のご褒美。

iPhone

頂上の石碑周辺の様子。
ご来光を拝んだ後、次の行動に移る登山客たち。
みんな早っ!

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

深夜、本八合目から頂上へ

iPhone

深夜の1時頃、息苦しさで目が覚めた。
軽い頭痛もあったので、念のため薬を飲んで
回復の様子を見るべく部屋を出て、しばらくホールで過ごす。
その間、私と同じように息苦しいという女性と知り合い、
昨年の登頂話などでしばし談笑。
私はそれで体調がどんどん回復し、急にお腹まで減って
おやつすら食べられたのだが、彼女はその後どうしただろう?
私自身については、これなら登れると判断。
外へ出てみると、深夜1時というのに、登ってくる人のヘッドライトが
ラインになって続いているのが見えた。

iPhone

急いで夫を起こし、出発を早める。
午前2時前には本八合目の山小屋を出発。
見上げると、九合目から上には
雲かガスが掛かっていることが判る。

iPhone

九合目の ご来光館 を過ぎ、
九合目の白い鳥居 も順調にくぐったまでは良かった。
その後、夫がどこぞの団体にくっついてどんどん登って行ってしまい、
離れ過ぎるのも危険と思った私が焦って
自分のペースを乱してしまい、しっかり高山病発症(滝汗
場所はすでに九合目もかなり登った辺り。
登山道は細いし、登山客はどんどん登って来るので
取り敢えず傍の岩に腰掛け、体調の回復を図る。

iPhone

さすがに三度目の富士登山、
山頂まではもうそんなに距離無しと判断。
ここまで登ってしまうと、下山するより山頂へ向かった方が
安全ということもあって、呼吸が整ったところで再び山頂を目指した。
この距離感が大当たり、歩き始めてから5分としないうちに
山頂直下の 鳥居御橋 が姿を現す。
鳥居御橋 を通過すると、
頂上で場所取りして待っていた夫の声が聞こえた。
鳥居御橋 から山頂までは本当に目と鼻の先。
やった!・・と思った。
どうにか登れた!・・とホッとした。
この時はそんな感動でいっぱいになり、
苦しさも寒さも忘れた。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

本八合目トモエ館にて

iPhone

17時ちょうどに宿泊先の山小屋、本八合目トモエ館 に到着。
到着後30分ほどで、夕食のハンバーグ&カレーライスにありつき、
食後に外へ出てみたら、到着直後は曇ってた空が晴れてた。

iPhone

昨年、ここから見えた影富士は
今回残念ながら見ることができなかったのだが、
夕暮れの空を眺めることはできた。
到着時辺りから急に気温が下がって、
ダウンジャケットを着込んでいたのに
身体がすぐに冷えた。

iPhone

本八合目の山小屋前から頂上を眺める。
ここからは9合目の白い鳥居や、頂上直下の鳥居御橋、
そして、頂上の碑の頭の部分まで見える。
登って来た距離よりも断然短いのだが、
頂上に向かって登れば登るほど酸素が薄くなるため、
高山病の危険が増し、岩場も続くため、
ここから頂上までが富士登山の中で一番厳しい部分になる。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

八合目から本八合目まで

iPhone

八合目の山小屋は 太子館 に始まり、
蓬莱館、白雲荘、元祖室 と続く。
写真をご覧の通り、頂上まで2km、
標準コースタイムで3時間ほどの距離。
八合目手前で降られた雨も
ここに至るまでの短い間に止んでしまったので、
折角着込んだレインコートだったが暑いので脱いだ。

iPhone

太子館 の売店で目を引いたカップ麺(笑

iPhone

蓬莱館 から眺める 亀岩。
亀岩八大龍神が祀られている窟があるらしいのだが、
コース外。

iPhone

蓬莱館 を過ぎた辺りで下を眺めると
先ほどの雨降りのせいか、薄ら虹が出ていた。

iPhone

元祖室 の手前で小雨、再びレインコートを着用。
写真の鳥居の先には
富士講中興の祖「食行身禄」が祀られている烏帽子岩があり、
一礼して前を通り過ぎる。

|2018.09.12(Wed) |富士山 2018  |

七合目の東洋館まで

iPhone

七合目の山小屋は 花小屋 から始まり、
日の出館、トモエ館、鎌岩館、富士一館、鳥居荘、東洋館 と続く。
鳥居荘 のシンボル、赤い鳥居をくぐる頃には
雲行きが怪しくなって、お日様も顔を出したり引っ込めたり。

iPhone

鳥居荘 や 東洋館 のガラス窓で記念のセルフィー(笑
鳥居荘 で休憩、栄養ドリンク剤を買って飲む。

iPhone

もう少しで八合目というところで突然雨。
みんな落ち着いてレインコートを着込んでた。

iPhone

|2018.09.11(Tue) |富士山 2018  |

七合目の花小屋にてタイムラプス


※音注意、BGMが流れます。 HDで観閲推奨。

七合目の山小屋 「花小屋」 で休憩を取る。
その間に、動画撮影用に買った 『YI』 でタイムラプス撮影。
たまにしかしない動画撮影とその編集で大苦戦したのだが(汗
どうにかまとめた、それを某動画サイトにアップ。

iPhone

撮影風景はこんな感じ。
風が強かったので、画面が結構揺れてたのだが(滝汗
この動画を見ると、撮影した日の富士山やその周辺の空、
そして、登山客の様子なども垣間見れて楽しい。

iPhone

花小屋 から上を見上げる。
七合目といっても まだまだ登り始め。

|2018.09.09(Sun) |富士山 2018  |

吉田ルート出発点から六合目まで

iPhone

富士登山については、前回の登頂記録 に詳しく書いた。
同じ情報や記事を載せても面白くないので、
今回はできるだけ前回とは違う写真や情報を
載せようと思う。

五合目の吉田ルートの出発点 『泉ヶ滝』(標高2,305m)から少し歩くと、
辺りはガスに見舞われる。

iPhone

六合目までの間にみつけた高山植物。
六合目まではウォーミング・アップや高山病対策も兼ねて
こんな風にのんびり歩いた。

iPhone

六合目の 富士山安全指導センター のすぐ傍に
富士山保全協力金の受付小屋が設けられていた。

iPhone

吉田ルートの下山道との合流点から山頂を見上げる。
五合目から六合目まではなだらかな登山道だったが、
ここから七合目の手前まで、だらだらな登り。

|2018.09.06(Thu) |富士山 2018  |

富士スバルライン五合目で小御嶽神社参拝

iPhone

午前9時には 富士スバルライン五合目 に到着。
到着直後はご覧のように 富士山 が頂上までしっかり見えてた。
南アルプス も見えていたのだが、
富士山 を撮っている間に雲海に飲み込まれる(涙

iPhone

何はともあれ、まずは 冨士山小御嶽神社(ふじさんこみたけじんじゃ) に参拝。
早速戴いたのがご覧の御朱印(300円)。

iPhone

五合目は高山病予防のために1時間ほど滞在。
その間に軽食を摂ったり、写真を撮ったりして過ごした。
到着直後はまだ閑散としていた五合目ロータリーも
1時間後の出発間際にはご覧のように観光客でごった返し、
どことなく出発を急がされてる感じ。

iPhone

五合目ロータリー の外れにある
山梨県庁の世界遺産富士山課 のテントで
昨年同様、富士山保全協力金(入山料) を支払う。
協力金はひとり1,000円。
協力金と引き換えに受け取ったものが上の写真。
富士山の間伐材で作られた富士山保全協力者証(木札、記念品)と
富士山2018の小冊子、そして領収書。
木札の下げ紐には道迷い防止のため、
吉田口(ルート)を表す看板と同じ黄色の紐が使われている。
ちなみに、この木札のデザインは毎年変わる。
昨年は「富士山牛玉」の図柄で丸い形をしていた。
2017年の富士山保全協力者証

|2018.09.06(Thu) |富士山 2018  |

富士登山2018 バスタ新宿出発

iPhone

カンボジア旅行記 2017』 のアップをサボりまくって
とうとう記事欄にまで広告が載ったまま放置、ほぼ2ヶ月(滝汗
ある意味、区切りが良いってことで(何
またまたブレイク・タイム。

5年前の7月に、写真仲間と4人で初めて登った富士山(富士登山 2013)。
昨年の8月には、夫婦で山頂でのご来光鑑賞を果たした二度目の富士山(富士登山 2017)。
今年は 仙丈ケ岳 か 涸沢か・・なぁんて思っていたのだが、
迷っている間に夫が富士山の山小屋を予約してた(何

三度目の今回も前回同様、ツアーでなく個人旅行。
五合目までの高速バスの予約も
昨年の登頂でやけに乗り気な夫がほぼ勝手に手配して、
前回より1時間ほど早いスタートを切った。

そんなワケで、一泊二日の 富士登山2018 「リベンジ御朱印」、
今回も バスタ新宿 から始まる。

|2018.09.04(Tue) |富士山 2018  |

 |TOP



Information


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

アンコール・トム - バイヨン 4. (09/24)
アンコール・トム - バイヨン 3. (09/24)
アンコール・トム - バイヨン 2. (09/24)
アンコール・トム - バイヨン 1. (09/24)
カンボジア旅行記2017、リスタート (09/17)
富士山2018「リベンジ御朱印」を振り返って (09/13)
富士山山頂から下山 (09/12)
山頂で見た景色 (09/12)

Categories

富士山 2018 (13)
富士山 2017 (20)
カンボジア旅行記 2017 (14)
雲取山年越し山行 2016-2017 (39)
栗沢山登頂 2016 (24)
尾瀬紀行 至仏山 2016 (48)
イタリア旅行記 2016 (82)
パリ旅行記 2015 (78)
ニューヨーク旅行記 2014 (48)
七面山登詣 2012-2016 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
谷川岳 2013 (24)
富士山 2013 (30)
尾瀬紀行 2013 (14)
日帰り山歩き (9)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (35)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (44)
earth film (3)
写真展のお知らせ (11)
ボステリ娘 (14)
その他 (13)
Photobook (13)

Archives

2018年09月 (18)
2018年07月 (2)
2018年06月 (8)
2018年05月 (7)
2018年04月 (1)
2018年03月 (1)
2018年01月 (5)
2017年12月 (7)
2017年11月 (9)
2017年10月 (4)
2017年09月 (22)
2017年08月 (12)
2017年07月 (21)
2017年06月 (3)
2017年05月 (6)
2017年04月 (3)
2017年03月 (6)
2017年02月 (21)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (9)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。