Such an ordinary scene


雲取山荘にて

Olympus OM-D E-M10
山頂から700mほど下ったところにある 雲取山荘 には
15時頃に着いた。
山荘前の広場では甘酒のサービスを行っていた。
iPhone
山荘の正面玄関。

iPhone
宿泊の受付をすると、標高年記念のピンバッジをくれる。

iPhone
山荘内の「よも山情報」板

iPhone
部屋には豆こたつが完備。
夫婦3組と高校生3人との相部屋だった。

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

雲取山の山頂(東京都・埼玉県側)にて

iPhone
三角点のある東京都・埼玉県側の山頂。
すでに多くの登山客でいっぱい。

iPhone
標高年(1年間だけ)の記念碑が建てられ、
元旦のセレモニーを待っていた。

Olympus OM-D E-M10
山の向こう側に大都会の景色が広がる。

Olympus OM-D E-M10
浅間山もちらり。

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

雲取山の山頂(山梨県側)にて

Olympus OM-D E-M10

避難小屋とトイレのある山梨県側の山頂に到着。
奥多摩の山々の向こう側に、霞んではいたけれど
東京の都会の景色が大きく広がっていた。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

雲取山の山頂まで

Olympus OM-D E-M10

昼食を摂った 小雲取山 の山頂から
雲取山 の山頂まではご覧のような近さ。
山頂に見えている赤い屋根の建物は避難小屋で
トイレ(別棟)もある。
ちなみに、ここから見えているのは山梨県側の山頂。
その西側に東京都と埼玉県側の山頂が別にある。

下の写真は山頂直下の最後の急登。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

小雲取山山頂で昼食

Olympus OM-D E-M10

小雲取山 の急登を登り切ったところでちょうど12時になる。
そんなわけで、小雲取山 の頂上で昼食タイム。
昨年の 至仏山登頂時 から使い始めた JETBOIL(ジェットボイル)を
今回も持参し、お湯を沸かしてコーヒーやカップ麺を食べた。
この日はとても暖かかったが、温かいものはやはり嬉しい。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

小雲取山までの急登

Olympus OM-D E-M10

ヨモギノ頭 を越え、次は 小雲取山 の頂上までの急登。
その途中に 冨田新道 の分岐点あり。
夫が ヨモギノ頭 と 小雲取山 の急登を勘違いしていて
ヨモギノ頭 の急登でかなり頑張ってしまったため、
小雲取山 の急登でバテる(汗

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.31(Tue) |雲取山年越し山行  |

ヨモギノ頭までの急登

Olympus OM-D E-M10

今回登った 鴨沢 からの登山コースは
七ツ石山をトラバース(巻いて)しまったこともあって
全体的にとても緩やかな傾斜で、登るのに楽な道だったのだが、
奥多摩小屋 を過ぎたところから 雲取山 の頂上までは
急登がいくつか続く。
下の写真は最初の急登を登り、ヨモギノ頭 から見下ろしたもの。
七ツ石山 からの 石尾根縦走路 を一望できる。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.30(Mon) |雲取山年越し山行  |

奥多摩小屋

Olympus OM-D E-M10

奥多摩小屋 にトイレ休憩で寄る。
小屋の中は見なかったのだが、ここも宿泊できるらしい。
登山道脇の日向に布団が並んで干してあった。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.30(Mon) |雲取山年越し山行  |

ヘリポートとキャンプ場

Olympus OM-D E-M10

石尾根 のヘリポートを通過。
少しするとテントがいくつか見えた。
奥多摩小屋 のテント場だ。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.30(Mon) |雲取山年越し山行  |

快適な防火林帯の石尾根

Olympus OM-D E-M10

ブナ坂 からの 石尾根 は防火林帯になっている。
道幅もご覧のように広く、木々が視界を邪魔しないので
遠くの山々を眺めながら歩くことができる。
日当たりも良いので、ここで休憩している登山客もたくさん見掛けた。

石尾根 の途中、ヘリポートが見えてくると同時に
小雲取山 と 雲取山 の頂上が見えた。
下の写真では左端にヘリポート、右端に 小雲取山、
一番奥(右から二番目の頂上)に 雲取山 の頂上が見えている。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.30(Mon) |雲取山年越し山行  |

ブナ坂の分岐点

Olympus OM-D E-M10

南アルプスの山々を眺めながら巻道を進んで行くと
石尾根 のブナ坂 に出た。
ここは 七ツ石山 や 鴨沢、そして 雲取山 との分岐点で、
巻道はここで終わり。

石尾根 を歩き始めてふと振り返ると
巻いてしまって登らなかった 七ツ石山 の頂上が見えた。
ブナ坂 から 七ツ石山 の頂上までの高さは80mほどなのだが、
こうしてみると傾斜がきつく、登のはたいへんそうに思えた。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.30(Mon) |雲取山年越し山行  |

南アルプスの山々が見えてくる

Olympus OM-D E-M10

ブナ坂 までの巻道では途中から西側の景観が開けて
南アルプスの山々が見えた。
まずみつけたのが 北岳。
そのまま進んで行くと、仙丈ケ岳 も見えてきて
最後には 甲斐駒ケ岳 まで姿を現す。
下の写真の遠方の一番右側に写っているのが 甲斐駒ケ岳。
昨年登った アサヨ峰 と 栗沢山 もその左隣に見えている。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

巻道でブナ坂へ

Olympus OM-D E-M10

七ツ石小屋 を出発して5分程登ると
七ツ石山・鷹巣山(右) と ブナ坂への巻道(左)の分岐点が。
この分岐点には水場にもなっていた。
七ツ石山は明日登ることにし、ブナ坂への巻道のほうに曲がる。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

七ツ石小屋にて

Olympus OM-D E-M10

七ツ石小屋 の扉の前を通過した奥に
登山客が休憩できる広場やトイレがあった。
ここには権現山・飛龍山・雲取山の古い山頂碑も置いてあって
小屋自体は「歩荷小屋」らしい。

Olympus OM-D E-M10

iPhone
七ツ石小屋 でのパノラマ写真(※画像クリックで拡大)

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

七ツ石小屋への分岐点

Olympus OM-D E-M10

七ツ石小屋(右) と ブナ坂までの巻道(左)の分岐点。
私たちはトイレ休憩のために 七ツ石小屋(右)へ。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

堂所と富士山

Olympus OM-D E-M10

堂所 を通過。
歩き始めてからちょうど2時間ほどのところでは
木々の間から 富士山 が見えた。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

鳥の巣

Olympus OM-D E-M10

落葉して丸見えになった鳥の巣、
あちこちの木でみつける。
登山道は傾斜が緩く、よく整備されていて歩き易い。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.29(Sun) |雲取山年越し山行  |

最初の水場

Olympus OM-D E-M10

歩き始めてから1時間ほどのところに最初の水場があった。
水はパイプからちょろちょろと流れ出ていて
鍋をいっぱいに満たしていた。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.28(Sat) |雲取山年越し山行  |

ボタンヅル

Olympus OM-D E-M10

いくつかの廃墟を後にしながら登山道を進んで行くと
ご覧のような白い花?が群れているのが目に入った。
この時はレンズをズームしてもよくわからなかったのだが、
後で廃墟跡のフェンスに絡んでいるのをみつけた。
どうやら ボタンヅル の綿毛らしい。
まるで満開の梅のようで、遠目にはとても綺麗だった。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.28(Sat) |雲取山年越し山行  |

大晦日の日の出

Olympus OM-D E-M10

登り始めてから10分ほどすると
まわりが赤く焼け始め、太陽が昇り始める。
2016年の大晦日の日の出だ。
昨年の 七面山登詣 といい、今年も天候に恵まれ
登山道には雪も見当たらない。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.28(Sat) |雲取山年越し山行  |

小袖乗越の駐車場を出発

Olympus OM-D E-M10

東京都の最高峰である 雲取山 が
今年(2017年)”標高年”を迎えるという話題を目にしたのは
栗沢山登頂 の翌月だったろうか。
山小屋のほとんどが11月も半ばを過ぎると閉鎖になるのに、
雲取山の山小屋、 雲取山荘 は珍しく通年営業。
しかも、クリスマスや年末年始は特別なイベントもあるという。
そんなわけで、今年の年越しは 雲取山 で迎えることに決め
11月下旬には 雲取山荘 に宿泊予約を入れる。

大晦日は夜明け前から 雲取山 の山頂を目指して
小袖乗越 の駐車場を出発。
総距離24km、標高差1467m。
日帰りだったらやめていただろう距離と標高差も
山荘に一泊するから大丈夫と思いつつ
「熊、出没注意!」の看板を横目に登り始める。

Olympus OM-D E-M10

|2017.01.28(Sat) |雲取山年越し山行  |

謹賀新年2017

Olympus OM-D E-M10
2017年の年明けを 標高2017.1m で ”今年の山” と言われる
東京都の最高峰 雲取山 の山頂で迎える。
昨年に引き続き、夫婦で2016~2017年の年越し登頂に
行ってきたのだ。
今回も天候に恵まれ、元旦のご来光もしっかり拝んできた。
2017年最初の幸運、何か良いことあるかも?

|2017.01.02(Mon) |雲取山年越し山行  |

 |TOP



Information


Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

Photobook "Memories 3" (03/18)
"Memories 3"の編集画面 (03/18)
Photobook "Memories 2" (03/08)
"Memories 2"の編集画面 (03/08)
Photobook "Memories 1" (02/23)
"Memories 1"の編集画面 (02/23)
Photobook "Selfie" (02/17)
雲取山年越し山行を振り返って (02/04)

Categories

雲取山年越し山行 (39)
栗沢山登頂 (24)
尾瀬紀行 2016 至仏山 (48)
イタリア旅行記 (15)
パリ旅行記 (78)
ニューヨーク旅行記 (48)
日帰り山歩き (9)
七面山登詣 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
富士山 2013 (30)
谷川岳 2013 (24)
尾瀬紀行 2013 (14)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (33)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (40)
earth film (3)
写真展のお知らせ (10)
ボステリ娘 (8)
その他 (13)
Photobook (9)

Archives

2017年03月 (4)
2017年02月 (20)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (10)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。