Such an ordinary scene


モンサンミッシェルにて 8.

iPhone
修道院付属の教会は本堂北側がロマネスク様式、
内陣と後陣がゴシック様式。
様式が統一されていないのは
この教会だけでなく修道院全体が
何度も増改築や崩壊&修復を繰り返してきたから。
教会の祭壇脇には15世紀に造られた聖ミカエルの像もあって
前記事の尖塔の先に設置されたものとは違って
15世紀に造られた古いものなのだが
この像もやはり左手に天秤を持っていて
魂の重さを量るものらしい。
Olympus OM-D E-M10
回廊側から見た教会のステンドグラス。
教会の屋根の部分にはネオゴシック様式の細い尖塔が並ぶ。

|2015.07.31(Fri) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 7.

Olympus OM-D E-M10
西のテラス にある修道院付属教会のファザード(前壁)。
ファザードのうしろに見えているのが教会の鐘楼。
ネオゴシック様式の尖塔で、塔の先端、つまり
モンサンミッシェルで一番高いところに
黄金の聖ミカエル像 が鎮座している。
Olympus OM-D E-M10
尖塔の先に設置されたものと同じ 聖ミカエル像。
エマニュエル・フレミエ作(1897年制作、1987年復元)。
悪魔(ドラゴン)を足で踏みつけ
右手には剣を、左手には天秤を持っている。
かなりのイケメン。

|2015.07.30(Thu) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 6.

Olympus OM-D E-M10
大階段を上り切った先にはかなり広い 西のテラス があって
ここからは サン・マロ湾 の全貌のみならず
ノルマンディーやブルターニュが見渡せるほどの絶景スポット。
フランスは高い山も無く全体的に平坦な地形、と聞いたが
ここからの眺めはそれを証明している感じ。
潮の引いた サン・マロ湾 は白い干潟がどこまでも続き
この島まで潮が満ちるということも信じられない。
Olympus OM-D E-M10
新しく掛けられた橋の周辺。
古い橋の撤去工事がまだ終了していないので
砂浜の一部にショベルカーなどが置いてあったりして。
遠くに小さく見える桟橋の傍にはホテルやレストラン、
スーパーマーケットや駐車場などが集まっている。
Olympus OM-D E-M10
サン・マロ湾の干潟。
左側がブルターニュ、右側がノルマンディー地方。
干潟の表面は乾いていて歩けると思っても
個人で勝手に歩くのは禁止されている。
潮の満ち引きもかなり厳しく
昔は巡礼者が急に満ちてきた海水や砂に足を取られて
溺れたり埋まったらしい。
Olympus OM-D E-M10
同じ サン・マロ湾内に浮かぶ トンブレーヌ島 が見えている。
モンサンミッシェル からは北に3キロ離れた岩島で
スフィンクスのような形をしている。
14世紀にフィリップ・オーギュスト王により要塞化。
百年戦争時には英国軍に占領されたり
17世紀にはルイ14世に追われた財務大臣(ニコラ・フルニエ)が
この島から王に反抗しようと試みるも失敗、
島の建物を全て破壊されたり
近年ではリゾート計画の失敗まであったりするのだが、
現在では島全体を国が買い取り管理しているという
モンサンミッシェル同様、歴史に翻弄された島らしい。

|2015.07.30(Thu) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 5.

Olympus OM-D E-M10
哨戒の間 で入場券をチェックされ
修道院聖堂へと続く 大階段 を上る。
大階段 の右側は聖堂の土台、左側は修道僧の居住棟で
歴代の修道院長の住まいとして使われていたらしい。
この 大階段 の上にはふたつの内部通路も通っていたりする。
Olympus OM-D E-M10
大階段 を振り返ったところ。
炎天下に裏道を駆け上ってきた私たちには
居住棟によって陽差しを遮られた日陰の大階段がうれしい。
ちょうど真ん中辺りに内部通路が見える。

|2015.07.28(Tue) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 4.

Olympus OM-D E-M10
左側のふたつの円柱型の城砦は「大砲の胴」と呼ばれ
この下に急な階段がある、ここが入口。
かなりたくさん撮って来たつもりの写真だが
この入口にあたる場所の写真が無い。
ここまでやっと辿り着いて興奮してたのだろうか、
完全に撮り忘れだな、なんとも残念。
それでも、見上げて撮った砦写真だけはあった。
「わぁ~」と思わず叫んだことは忘れていない。
Olympus OM-D E-M10
入口の急な階段を上ったところ。
正面から先の部屋は入場券売り場がある 哨戒の間。
階段の真ん中にロープが張ってあるのは
入場券のある無しの関係。
私たちは事前に入場券を持っていたので左側を上る。

|2015.07.28(Tue) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 3.

Olympus OM-D E-M10
王の門 を過ぎたところに郵便局があって
その角を左に曲がり、道なりに登って行くと
人出でごった返す表参道を通らずに済むと知って
時間の無い私たちは迷うことなくこの裏道を進んだ。
細いけど景色も良く、人もまばらで非常に助かった。
気付いたら眼下に海岸線が見えてきて興奮。
Olympus OM-D E-M10
モンサンミッシェル は パリ より気温が2~3度低いと聞いたが
梅雨真っ盛りの東京から来た私たちにとって
パリも、モンサンミッシェルですら
一気に真夏という気温や日差しが厳しく
緯度が高くても日本より暑いじゃん、とつい。

|2015.07.27(Mon) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 2.

Olympus OM-D E-M10
突出門、大通り門 を通過し、3つ目の 王の門 が上の写真。
この門は敵の侵入を防げるよう跳ね橋に造られている。
王の門 をくぐると修道院へと続く参道 グランド・リュ が始まる。
島のメインストリートでもあって
両脇にはホテルやレストラン、土産物屋などが建ち並ぶ。
Olympus OM-D E-M10
日曜日とあって人出も多く賑わっているのを横目に
裏道へと走る時間の無い私たち。

|2015.07.26(Sun) |パリ旅行記  |

モンサンミッシェルにて 1.

Olympus OM-D E-M10
パリからバスで4時間掛けてやって来たのは
サン・マロ湾に浮かぶ小島モンサンミッシェル。
同名の修道院があって、1979年に周囲の湿地帯と共に
島全体が世界遺産に登録されている。
かつては海水に囲まれた孤島だったのだが
19世紀に造った陸橋が潮の流れを止めてしまい
海に浮かぶ姿は滅多に見られなくなってしまったのだそうだ。
そこで、潮を堰き止めない橋の架け替え工事などが行われ、
新しい橋が昨年開通したばかり。
この橋を渡るには専用のシャトルバス「ル・パッサー」(無料)か
馬車(有料)または徒歩と制限されている。
私たちは時間が無いのでシャトルバスに乗った。
Olympus OM-D E-M10
突出門を入ったところ、大通り門が見えている。
大通り門の向こう側に名物オムレツの老舗がちらり。
私たちは島に渡る前にミニ版のオムレツ昼食を取ったのだが薄味、
シードルは美味しくておかわり。

|2015.07.26(Sun) |パリ旅行記  |

港町オンフルール散策

Olympus OM-D E-M10
前日は飛行機で12時間半も掛けてやってきたばかりだというのに
二日目にパリ郊外へバスで往復8時間掛けての日帰りツアーという
今回もハードなスケジュール。
我ながら懲りないというか、目いっぱい楽しみ過ぎというか(ははは
その目的地までの間に、トイレ休憩と共に40分間だけ立ち寄ったのが
ノルマンディー地方の小さな港町、オンフルール(Honfleur)。
Olympus OM-D E-M10
セーヌ川河口にあって、旧港はどこをとってもポスカの絵になりそう。
トイレ休憩を含めた40分間で旧市街地まで観て回ったのだが
最初から最後まで駆け足で汗ダラな滞在だったのがとても残念。

|2015.07.25(Sat) |パリ旅行記  |

シャンパンフラッシュとクルーズ船

Olympus OM-D E-M10
エッフェル塔の点灯開始は日没時間によるのだが
毎時00分から5分間(午前1時まで)だけ
通常のライトアップに加えてフラッシュライトの点滅があり、
これをシャンパンの泡に見立てて「シャンパンフラッシュ」と呼ぶらしい。
この日の通常点灯は22時、シャンパンフラッシュは23時から始まったのだが
私たちはちょうどエッフェル塔の真下でその時間を迎えた。
たった5分間なのでもう少し遠くからと思っていた場所へも移動出来ず
わたわたと慌てている間に終わった感じだったが
噂通りめちゃめちゃ綺麗だった。
翌日が早朝出発でなければもう一度見たかったのだが
取り敢えず片手で動画、片手で写真を撮って帰ってくる。
Olympus OM-D E-M10
イエナ橋下にはセーヌ川クルーズ船の発着場があって
ディナーやナイトクルーズでパリを満喫する観光客で賑わっていた。

|2015.07.25(Sat) |パリ旅行記  |

週末のエッフェル塔周辺

Olympus OM-D E-M10

建造されてから125周年目を迎える エッフェル塔。
そこまでは シャイヨー宮のテラス と トロカデロ庭園 を歩く。
その シャイヨー宮のテラスからの定番の姿がこれ。
手前に写っている噴水は トロカデロ庭園 のもの。
エッフェル塔 と この庭園の間には セーヌ川が流れていて
エッフェル塔 の正面に掛かっている橋が イエナ橋。
Olympus OM-D E-M10

週末(土曜日)だけにものすごい人混みだったのだが
ここでよく目にしたのが自撮り棒を使っての自撮り風景。
私たちは日本から持参したけど
土産物のキーホルダなどと一緒に歩き回りながら売ってる青年多数。
その後もこの自撮り棒売りをあちこちで見掛けて
パリでも流行っていることを目の当たりにする。

|2015.07.25(Sat) |パリ旅行記  |

乗り換え駅で途中下車

Olympus OM-D E-M10
メトロで路線乗り換えだけのつもりが
何気に出口を通過、途中下車になってしまい
取り敢えず地上へ出てみるの図(何
アーヴル・コーマルタン(Havre Caumartin)駅でのことだったのだが
まず目を引いたのがプランタン・オスマン(百貨店)、
ラファイエット通り沿いにサマーセールの看板を大きく掲げてた。
この頃には日差しも傾き始め
街行く人の陰も路上に細長く尾を引いていたりして。
Olympus OM-D E-M10
帰国してから気付いたことだが
ここで撮った写真にサン・ラザール(Saint Lazare)駅が写ってた。
この駅は19世紀の画家クロード・モネが連作していたり
写真家ではアンリ・カルティエ・ブレッソンが
「サン・ラザール駅裏」(水溜りの上を男がぴょんと飛んでる写真)を
発表していたりする。
もっと早く気付いていれば…というのはよくあることだが
立ち寄れるだけの時間もありそうだったからちょっと悔しい。

|2015.07.24(Fri) |パリ旅行記  |

メトロ(地下鉄)に乗って

Olympus OM-D E-M10
買い出しが終わってホテルに戻ったのが夜の7時過ぎ。
6月下旬のパリの日没は22時頃、
7時では夕暮れとは思えないほどの強い日差しのままで
部屋でゆっくりなんていう気分じゃない。
そんなわけで、メトロ(地下鉄)に乗って
エッフェル塔のシャンパン・フラッシュを観に行くことにする。
Olympus OM-D E-M10
メトロの改札は自動改札。
切符を入れると回転バーと手押しドアのロックが解除される仕組み。
メトロ、バス、トラム、RERの共通券「Ticket T+(チケ・テー・プリュス)」は
カルネ(10枚綴り)を二人分購入。
ガイドブックでは1枚1.7€(ユーロ)とあったが、
実際には1枚1.8€と値上がりしてた。

|2015.07.24(Fri) |パリ旅行記  |

部屋と最初の買物

Olympus OM-D E-M10
昨年のNY旅行はかなり豪華だったのだが
今回はケチれるところはケチった。
そんなわけで、パリでの滞在先はさすが格安ツアー
メトロ(地下鉄)のゾーン1エリアから微妙に外れた立地の
エコノミークラス(星二つ)のホテル。
施設的にはこれで十分だったが
立地的にはゾーン1内が良かったような。
Olympus OM-D E-M10
部屋に荷物を置くとすぐ近くの大型スーパーへ。
写真は翌日の朝食にと買ってきたフランスパン。
食べたのが翌日だったから少々硬くなっていたけど
胡麻が香ばしくて美味しかった。

|2015.07.23(Thu) |パリ旅行記  |

6月のロシア上空

Olympus OM-D E-M10
今回の旅行計画は ベニス(ヴェネツィア) に始まる。
アドリア海に沈んでしまわぬうちに訪れたいと
高潮時のサン・マルコ広場水没(高潮時)のニュースを聞く度思ってた。
それが最終的に ベニス(イタリア) でなく パリ(フランス) になった。
どういう経緯でパリになったのか?
それには直行便のあるなしが大きく関係する。
経由地の関係で話が迷走し始めると
結果的に目的地も変わった、そんな感じ。

直行便だと12時間半ほど、1万km弱の距離で
空路は西回り、ロシア上空を飛んで行く。
機内食が2回、映画を3本観終わった頃にはベルギー辺りを通過し
出発同日の夕方にはパリのホテルに着いた。

|2015.07.23(Thu) |パリ旅行記  |

眩しくて

iPhone
8ヶ月間のご無沙汰。

|2015.07.22(Wed) |ボステリ娘  |

 |TOP



Information


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

青の洞窟の入江で (08/17)
カプリ島のマリーナ・グランデで (08/17)
ナポリで (08/15)
共和国広場 (08/15)
サン・パオロ門とピラミッド(ピラミデ) (08/14)
フィレンツェから列車でローマへ (08/14)
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 (08/09)
サン・ジョヴァンニ洗礼堂 (08/04)

Categories

雲取山年越し山行 (39)
栗沢山登頂 (24)
尾瀬紀行 2016 至仏山 (48)
イタリア旅行記 (42)
パリ旅行記 (78)
ニューヨーク旅行記 (48)
日帰り山歩き (9)
七面山登詣 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
富士山 2013 (30)
谷川岳 2013 (24)
尾瀬紀行 2013 (14)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (35)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (43)
earth film (3)
写真展のお知らせ (11)
ボステリ娘 (14)
その他 (13)
Photobook (13)

Archives

2017年08月 (8)
2017年07月 (21)
2017年06月 (3)
2017年05月 (6)
2017年04月 (3)
2017年03月 (6)
2017年02月 (20)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (10)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。