Such an ordinary scene


尾瀬にて 6.

Olympus OM-D

写真の花は ムラサキヤシオ だ。
ツツジ科の花で、これも 山ノ鼻 までの間に咲いていたもの。
通りすがりにササッと撮ってきたわけだが
新緑にこれだけ混じっていても、その存在感のすごいこと。

写真の中でこれだけ活き活きと輝いている姿を見ると
もうちょっと丁寧に撮ってあげればよかったと後悔しきり...(滝汗

|2013.06.30(Sun) |尾瀬紀行 2013  |

尾瀬にて 5.

Olympus OM-D

鳩待峠から山ノ鼻までの登山道は川上川に沿うように通っていて
川上川を渡るまでにふたつの沢(ヨセ沢とテンマ沢)に出会う。
川上川橋を渡ると、そこが尾瀬ヶ原の入り口にあたる山ノ鼻だ。

川沿いを付かず離れず歩くので
時折聞こえてくる川のせせらぎが心地よかった。
陽射しは強かったが風は涼しく
汗を掻いても蒸し暑さなどは感じなかった。
真夏でも標高の高い尾瀬はきっと通年涼しいのだろう。

|2013.06.29(Sat) |尾瀬紀行 2013  |

尾瀬にて 4.

Olympus OM-D

この時期(5月下旬から6月上旬)で最も有名な尾瀬風景というのは
たぶん、残雪に覆われた至仏山を背景に
下ノ大堀川に群生した水芭蕉の開花風景だろう。
尾瀬のガイド本に限らず、絵葉書やお土産などにも
とてもよく使われている風景なので、見たらすぐにわかると思う。

その撮影スポットというのは、牛首分岐と竜宮十字路との間にあって
残念ながら牛首分岐でUターンした私たちにとっては
来年までおあずけなシーンになってしまった(涙
そこまで行かなくても水芭蕉はあちこちで群生しているのだけれど...

Olympus OM-D

|2013.06.26(Wed) |尾瀬紀行 2013  |

尾瀬にて 3.

Olympus OM-D

梅雨入り後の日程だったので、痛めた足のことも考えて
晴れでなくても雨だけは降らないでくれ、と祈っていたのだが
運良く快晴に恵まれて、遅い春の尾瀬を楽しんだ。

足を止めるのが憚れるほど人出の多い木道で
ファインダーをゆっくり覗いている暇もなく
ただただ闇雲に乱暴にシャッターを切って歩いただけの写真だけれど
それでも尾瀬の魅力は伝わってきたよ。

|2013.06.24(Mon) |尾瀬紀行 2013  |

尾瀬にて 2.

Olympus OM-D

私が尾瀬の存在を知ったのは
尾瀬がまだ日光国立公園の一部であった頃のこと。
尾瀬が尾瀬国立公園となったのが2007年(平成19年)というから
日光から独立したのがわりと近年と知って驚く。

尾瀬国立公園の敷地のうち、全体の約4割、
特別保護地区では約7割の土地を東京電力が所有しているというのも
ここを訪れることになって初めて知った話。
七面山の時もそうだったが、旅に出ることで知識は増える。
知れば知るほどどんどん興味が湧いてくる。

ってことで、はじめての尾瀬は標高1591mの鳩待峠から始まった。
入山口では植物の種などを尾瀬の中に持ち込まないよう設置されているマットの上で
靴底を何度も拭った。
入山口から尾瀬ヶ原の入り口である 山ノ鼻 までは3.3kmほど、約1時間の道のり。
鳩待峠は標高1591m、山ノ鼻が1400mだから標高差は191m。
七面山で1200mほどの標高差をこれまでに何度も登っているから
191mの標高差なんて大したことないと思うだろうけど
痛めた足にはのっけから過酷な下りが続き、顔で笑って心で泣いて...(違

それでも、木々の間から至仏山が見えたりすると
痛む足のことなど一時忘れて、夢中でシャッターを切った。
残雪に覆われた至仏山はこの時期しか見られない。
しかも、尾瀬での滞在時間がたった5時間...(短っ
それを考えたら、少しの時間も惜しくて先を急いだ。

|2013.06.19(Wed) |尾瀬紀行 2013  |

尾瀬にて 1.

Olympus OM-D
尾瀬国立公園 尾瀬ヶ原上田代 正面に燧ケ岳(ひうちがたけ)

遠回りはするものだ、そう思った。
どんな遠回りであったかはあえて語らない。
けれど、しただけの大きな感動が待っていたよ。

|2013.06.16(Sun) |尾瀬紀行 2013  |

あめんぼ

Olympus OM-D
1000人の写真展 2013 「わたしのこの1枚」出品作

先週の土曜は午前中から 233写真部 の部活イベントである写真展巡りをしてきた。
最初に向かった先は、233写真部有志20名でグループ参加した
1000人の写真展』の展示会場。
その後は次のギャラリーまで撮影散策をしつつ
ペンタックスフォーラムエプサイト新宿ニコンサロン
コニカミノルタプラザ の順で見て回る。

233写真部の部活イベントで出品するのも
散策イベントに参加するのも久々だったが
参加された部員の皆さんと共に昼食やお茶もご一緒して
久々に部員らしい楽しいひとときを過した。
部活っていい。

続きを読む »


|2013.06.14(Fri) |Olympus OM-D E-M5  |

カゴの向こうに白い花

Rolleicord Ⅴ

埼玉県の嵐山を「あらしやま」と読んで相手滝汗。
「らんざん」と気付くまで頭真っ白。
やだねー、歳とるって(違

ジョギングは10日間続き、三日坊主ではない自信が付いて
そこまでは良かった。
が、結果として両足とも足底の筋膜を痛めてしまい治療中...orz
自分のことだからそんなこともあろうかと予想してたけど
本当にやってしまうとは…orz

先週末はそんな足を引きずって写真展巡りだの尾瀬散策だのと
安静第一のところ、「するなら今でしょ」的超絶無理・無茶をして
当然のことながら、そのツケである両足の痛みは半端でなく
こんなで来月の富士登山まで本当に治るのかかなり不安だ。

担当医からは、「これ以上無茶しなきゃ大丈夫でしょう」って
医師だけにマジ痛いとこ突いてくるよ、とほほ...(涙

|2013.06.13(Thu) |Rolleicord Ⅴ  |

テイクレンズは下

Rolleicord Ⅴ

いつだったか仲間のひとりから
「未哉さんって、もうちょっとなんだよね」
そう言われたことがある。

「もうちょっと」というのは何に対してなのか?

それがわからないことには
「もうちょっと」は永遠に埋まらないわけだが
その場でははっきりさせなかった
そのことが今でも頭の隅に引っ掛かってる。

「私なんてもうちょっとどころか全然だって」
その場ではそう答えた、本当のことだから。

あの時、「もうちょっと」プライドがあったならと今思う。

|2013.06.12(Wed) |Rolleicord Ⅴ  |

Rolleicord Ⅴ

2年前の9月に開催した workshop 2B のグループ展(修了展)の課題は
「身近で撮り直しのきくもの」だった。
これは師匠である 渡部さとる氏 からの永遠の課題でもあり
かつまた、イメージングにおいては「基本中の基本」でもあったような。
要するに、身近で見慣れたものや風景は何度でも撮り直しがきく。
そんなものですら自分の絵にできないようでは
どこまで遠くへ行ったって・・という戒めというか教えというか。

果たして、2年後の今の自分にこれができているのか?
今ふたたびの自己啓発(うし

|2013.06.07(Fri) |Rolleicord Ⅴ  |

同じ公園で

Rolleicord Ⅴ

「僕ももうだめかな、と思ってました」
昨日の愛犬の診察で獣医があの時の容態をそう振り返った。
あの時というのは、今年の3月に参加した七面山登詣ツアーの出発間際のこと。
このブログでも ココ にその時の様子を載せているけど
「この年齢であれだけの状態からここまで復活する犬もそういない」らしい。
この調子でいけば、今年のお誕生日は元気で迎えられそうとのこと。
この犬種の平均寿命すら越えられるという。

元気になったとはいえ、病気が完治するわけではけっしてなく
身体に残ってしまった障害が無くなるわけでもなく
目も耳も鼻でさえ老化が進んでいて不自由には違いない。
それでも愛犬は立とうとするし、歩こうとする。
小康状態とはいえ、いつ何があってもおかしくない状態。
それでも、愛犬は自分が死ぬなんて全然思っていない。
「苦しいからもう死にたい」なんて素振りも無く
ただただ一生懸命今を生きている。

ただただ一生懸命...
それはひたすら自分との戦いなのかと。

|2013.06.06(Thu) |Rolleicord Ⅴ  |

公園で

Rolleicord Ⅴ

"三日坊主"と予想していたジョギングは
始めてから10日ほど経った。
最初の筋肉痛からはとっくに開放されたけど
相変わらず湿布薬臭い毎日(マジ
そりゃそうだ、しばらく運動していなかったんだから
急にこれだけ酷使してたら、あちこち悲鳴上げるのは当たり前。

一番先に故障すると思われた膝とか腰は何でもなくて
予想していなかった首から肩にかけての部分が
一番しんどかったりなんかして...(恥
カラッポのような頭でも身体の中で一番重いって再認識。
それを支えている首や肩の筋肉だってやっぱり鍛えないと。

梅雨に入るとできない日もあるだろうからと
無我夢中の10日間だったけど
これからはもうちょっとゆとりがあってもいいのかな。
ランニングが辛い時はウォーキングでもいいし
自分の身体を壊さないよう
かといって、トレーニングはサボらないよう...(笑

|2013.06.03(Mon) |Rolleicord Ⅴ  |

 |TOP



Information


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

波が来たよ (05/27)
ナナフシ住む森 (05/26)
吹割渓にて5月の花々 (05/17)
吹割の滝 (05/16)
突然の難題、その後 (05/09)
突然の難題 (05/04)
2歳の春 (04/16)
Photobook "Memories 5" (04/14)

Categories

雲取山年越し山行 (39)
栗沢山登頂 (24)
尾瀬紀行 2016 至仏山 (48)
イタリア旅行記 (15)
パリ旅行記 (78)
ニューヨーク旅行記 (48)
日帰り山歩き (9)
七面山登詣 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
富士山 2013 (30)
谷川岳 2013 (24)
尾瀬紀行 2013 (14)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (35)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (41)
earth film (3)
写真展のお知らせ (10)
ボステリ娘 (12)
その他 (13)
Photobook (13)

Archives

2017年05月 (6)
2017年04月 (3)
2017年03月 (6)
2017年02月 (20)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (10)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。