Such an ordinary scene


郡上八幡にて 15.

RICOH GR Digital Ⅲ

写真に写っているのはお酒だが、今日は "麹(こうじ)" の話。
最近、スーパーとかでよく見るな、なんて思ってた "塩麹"(しおこうじ)。
これが今、ちょっとしたブームになっている。
それをテレビで知った頃には当然のようにどこもみんな売り切れなんだよね。
トマトといい、最近の健康食品ブームってすごいね(汗

一時はネットで取り寄せようとも思ったけれど
送料とかも掛かるよな、とそれをケチった(恥
そのせいで、いつまで経っても入手できず、、

それが昨日、たまたま東京のとある百貨店で
「これを使えばご家庭でも短期間で簡単にできますよ」と教えてもらい
手に取ってみたのが米麹で作られた甘酒。
甘酒といっても砂糖は一切入っていない。
これに塩を混ぜ、保存容器に入れて
冷蔵庫で一晩寝かせれば出来上がり、と言うので
それなら簡単とばかりに一袋買ってみた。

それを今朝、早速作ってみたのだが
塩を混ぜただけでもほぼ完成品の味で思わずびっくり。
冷蔵庫で寝かせれば塩気が更にまろやかになるという。

ネットで検索すればもっとちゃんとした作り方もあるらしいが
これが一番簡単で安い作り方かも。
塩も自分で加減できる点がうれしかったりなんかして。

こうして取り敢えず作ってみた"塩麹"
果たして我が家でもブームなるか?

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.29(Wed) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 14.

RICOH GR Digital Ⅲ

先週末は 予告通り、カメラ仲間4人で 世界の中古カメラ市 にも出没。
ちょうど1年前、このカメラ市に同じメンツで来たことがあるのだが
カメラを見に行く時って
カメラのことをよく知ってるひとと一緒に行くほうが断然面白い。
カメラのどこをチェックすればいいのかいろいろ教えてもらえるし
カメラ好きなだけに一緒に見て歩くだけでも楽しい。

そして、今回のカメラ市も圧倒的に男性客が多かった。
クラシックカメラはまだまだ男性の趣味って感じなのかな?
ああいう会場での販売だからなのかな?
私は全然平気なんだけど、女性客はひとりではちょっと足を踏み入れ難いかも。

前回は二眼レフを中心に見て回ったんだけど
今回は蛇腹カメラを欲しがってるメンツの影響もあって
何気に蛇腹カメラに目が行く4人。
蛇腹カメラってとても古いものが多いから
壊れていて置物化しているものもあれば
もちろんちゃんとした完動品もあるわけで、
それはお値段次第だったり、使い方次第のものもあったりして(何
やはり完動品は値段が高いし、壊れていても骨董品として意外と値が張るのは常識。

そんなわけで、今回は中判の蛇腹カメラを収穫したもの2名、
一眼レフを収穫したもの1名、コンパクトカメラを収穫したもの1名。

何気に全員目標達成だったりなんかする(逃っ

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.27(Mon) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 13.

RICOH GR Digital Ⅲ

昨日は冷たい雨の中、東京まで出掛ける。
現在、東京は広尾の インスタイル・フォトグラフィー・センター にて開催中の
JPSDS主催 “The Emerging Photography Artist 2012” - 新進気鋭のアート写真家展-
workshop 2B の同期(34期)のひとり、相星哲也氏 が出展、久々に彼に会ってきた。

師匠 曰く、この写真展はアートな写真を取り扱うギャラリストやキュレーターなどが選んだ
新人作家展なのだそうだ。
要するに、そういったひとたちに選ばれ、推薦されたものの展示会であり
彼がこの世界でとても期待されていることを意味している。

同じ師匠の元で学んだ時期があっても
彼のように、その先の未来が開けてくるひとはそうたくさんいない。
プロになるのかな? 聞き忘れちゃったけど
同期のひとりとして彼にこの先もずっと頑張っていって欲しいし
今後も応援したいと思っていたり。


The Emerging Photography Artist 2012” -新進気鋭のアート写真家展-
会期:2012年2月21日(火)~3月4日(日)13:00~18:00 月曜休館
会場:インスタイル・フォトグラフィー・センター
〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-9 
東京メトロ日比谷線『広尾駅』3 番出口より徒歩7 分
詳細:JPSDS(JAPAN PHOTOGRAPHY ART DEALERS SOCIETY)

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.26(Sun) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 12.

RICOH GR Digital Ⅲ

昨日もこのブログの更新はした。
けれど、サーバー障害のせいで一瞬にしてその事実が消えた。
原因が何にせよ、書いたものがパッと消えちゃって
非常にやる気を失くしてる(涙
そういう時に限って調子よくつらつら書いてるんだよね。
下書き保存をマメにすればいいだけの話なんだけどね。

前にもこのブログで書いたかもしれないけど
ネット上では写真をアップしてきた期間より
文章をアップしてきた期間のほうが微妙に長い。
自宅のサーバー内でホームページなんかを設けて
恋愛小説を書いていたことがあるからだ。

なぜ恋愛小説かというと、話は小学生時代にまでさかのぼる。
小学生から中学生時代に掛けて少女マンガを描いていた。
絵のほうがだめになったから文章だけが残った感じ。

小説をアップするようになったのも
スタートの遅い40歳を過ぎてからの話なのだが
ネット上で写真をアップするようになったのはそれがきっかけ。
文章だけの画面って非常につまらないから
最初は単行本と同じように、内容に合ったイメージ(写真)を
フリーの素材屋から借りて文章と一緒に掲載していた。
そのうち、それを探し出すことのほうが時間が掛かったり
みつけたものに制約があったりするものだから
段々探すのが嫌に面倒になり
必然的に撮ることに足を突っ込むことになった。
今では本末転倒というか主客転倒というのか
小説を書くほうをやめてしまったという…

文章のほうはしばらくちゃんと書いていないから
写真を載せるよりこっ恥ずかしいというのが本音。
かといって、写真だけのアップというのも本意でなく
自分の日々の記録としても残しておきたいと思い書いている。

小説を書いていた頃はどんなシーンも文章にしていた。
それはある意味、写真家が枚数撮るのと同じ。
書き直しなんて日常茶飯事、気に入るまで何度も書いた。
それに比べて今の根性の無さといったら…(大恥
小説を書かなくなった今だから言えちゃうヘタレようだ。

写真は見たものをカメラで撮り、それを自分の絵にしていくけど
小説は想像・妄想から始まった形の無いものを文字に置き換える。
何も無い真っ白な画面に文字をこつこつと並べていくのは
とても時間が掛かるが快感だった。

どちらも表現の世界であることには違いないし
今は写真のほうに夢中だけれど
写真も文章も描くものだけに、同じくらい好きなのは確からしい(笑

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.23(Thu) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 11.

RICOH GR Digital Ⅲ

私がそのひとに気付いた時は
私のでなく、ほかのひとの作品を見ているところだった。
その様子を何気なくそのまま遠目にうかがっていたところ
突然首をくるっと回し、意外にも私の作品に目を向けた。

最初は作品に近付くこともせず
そのままの状態でじっと眺めていたのだけれど
それから何を思ったのか、展示の順番を飛び越して
私の作品の前に移動し始めた。
それにつられるように自分も自分の作品に少し近付く。

そのひとがまっすぐに近寄って行った作品は
A4プリントの一番左端に展示した写真。
それをしばらくじっとみつめて
そのあとは大判プリントからひとつひとつ丁寧に見てゆき
最後にキャプションとプロフィールを見て腕を組んだ。
そして、最初に見た写真にもう一度目を向ける。

最後ににやっと笑ったような気がした。

それからは展示の順番に戻っていったので
慌ててお茶とお菓子を用意したのだが、
私が戻ってきた時にはもう会場にいなかった。

たぶん、ほかのメンバーのお客様だったのだと思う、
私が知ってるひとではなかったのは確かだったから。
自分の作品をあんな風に見てくれてうれしかった。
妙にドキドキしたのを覚えている。

あれから4週間近く経ってふと思い出したこと。
すぐに声を掛ければよかった、と思う反面
ご縁があればまたどこかで会えるだろうとそう思っていたり。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.22(Wed) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 10.

RICOH GR Digital Ⅲ

また逆光で撮った写真だ(ははは
好きだな、逆光。
特にこのカメラ(GRDⅢ)で撮ってきた逆光ものは
黒つぶれが少なくてみんな綺麗に撮れてたから気に入ってる。
このカメラ、手放しちゃったんだけどね。

そういえば、姪が5月に結婚することになって
そのお式や身内だけの会食の模様を私に撮って欲しいと頼まれる。
そういうお席自体が苦手な上に
こんな腕の無いへぼフォトグラファーにそんなこと頼むなんて無茶な。

思わず「プロに頼めや」と言ってみる自分(妹)。
「数打ちゃ当たる」と姉(姪の母親)。
同じく「数打ちゃ当たる」と母(姪の祖母)。
なんて無茶苦茶な家族なんだ(誰

姪の結婚を祝う気持ちが無いわけじゃけっしてない。
けれど、記念のものだからこそ失敗の無いプロに頼むべき。
そう思っていたから、この撮影依頼は即断った。
…が、身内なだけに断り切れず…

それならワイドレンズ1本くらいは買わなきゃ欲しいなと
頑なな拒否心を微妙に緩めてみる。

そのレンズ代は一体誰が持つのか依然不明…

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.21(Tue) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 9.

RICOH GR Digital Ⅲ

あるニュースを観ていて、かなり昔のちょっと嫌だったことを思い出す。
それを今日のブログねたとしてつらつら書いていたところ、
ブラインドタッチしていた指先が微妙に横滑りして
長々と書いた文章が一瞬で消えてしまった。

そういう時に限ってなぜか下書き保存もしていない。
あんまり長々と書き過ぎたせいで修復する気も起きない。
そうこうするうちに日付けも変わって(これはあとでちょっと戻そうなんて
さてはて、今日のブログねたはどうしたものか…

呆然と、でも時間は確実に経っていく。
時間が経つと、かなり昔のちょっと嫌だったことなんて
書きたくて書いたわけじゃなかったと思えてくるから不思議。
それは心の奥底に溜め込んだ霞のようなもので
最初から誰にも知られず消えてしまう運命だったのだ、なんて思う。

今はもう何を書いたのかも忘れようとしている自分がいる。
そんなさっぱりすっぱりな自分は好きだ。
いつまでもくだらない失敗でウジウジしているいつもの自分より遥かにいい。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.20(Mon) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 8.

RICOH GR Digital Ⅲ

facebooktwitter でフレンド&フォローさせてもらっている 某K氏が
「カメラなんて買ってしまえばいいです(笑)…(中略)みんなもイッテマエ!!」と
ツイートしているのを見てしまった。

へへへ…(不敵笑
どさくさに紛れてレンズもね、なんちゃって。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.19(Sun) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 7.

RICOH GR Digital Ⅲ

今朝は久々寝坊した(何
愛犬に起こされ目覚めた時には、いつもより50分ほど遅い時間。
目覚まし時計が鳴らなかったのだ・・というか
起床時間前にたまたま目覚め、
その時セットされていたものを間違えて解除したらしい。
寝ぼけていたのかもだけど、失敗失敗、、

カーテンを開けたら雪降りのあと。
道路までは積もらなかったものの
車の屋根やポスト、低木の葉っぱの上に降り積もった白い姿あり。
まだまだ雪も降る季節なんだよね。

今の家に引越ししたのが3月の末のことで
その翌朝、雪が降り積もっていたことを思い出す。
エイプリルフールじゃなくてマジ。
私たちが引越してくるまでにリフォーム入れて一通り綺麗にした家だったけど
ひと気の感じられない冷え切った家だったから
荷解きは当然暖房器具を優先し、すぐに部屋を暖めたっけ。
あんまり冷え切っていたものだから
家の中が外より暖かいと感じられるまで結構掛かった。
あれから12年かぁ。

そんなわけで午前中…(話飛び過ぎ
雪が溶け切れていないベランダで不注意にも足を滑らせた(恥
打撲したところにしっかり青タン、これも久々、痛いのなんの。

これって寝坊した天罰か?

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.17(Fri) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 6.

RICOH GR Digital Ⅲ

師匠曰く、「人生は帳尻が合ってる」んだそうな。

得たものの代わりに何か失ってるんだって。
逆に言うと、何も失わずして得られるものなんて無いってことか。

うーん、妙に納得、今更納得。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.16(Thu) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 5.

RICOH GR Digital Ⅲ

冬の始めに省エネということで始めた湯たんぽでの暖とり。
人間、緊張感が薄れると元の木阿弥・・とはよく言ったもので(何
寒さが増すと途端に、炬燵やホットカーペットが取って代わって
いつの間にか震災前と全然変わらぬ冬を過していた。

そんな中、春を待たずしてホットカーペットが故障。
まだまだ寒さ厳しいこの時期にして壊れたっていっても
新しいホットカーペットを買う気にはならず...
そんなわけで、一旦片付けられた湯たんぽが再び日の目を見ることに。

愛犬と一緒に寝ている布団の中で、愛犬の寝どころに気遣いながら
湯たんぽをあっちにやったりこっちにやったりして
残り少なくなってきた冬の夜を再び湯たんぽで暖かく過していたり。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.15(Wed) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 4.

RICOH GR Digital Ⅲ


もっと敏感でいたいと思う。
もっと鈍感でいなきゃと思う。


RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.14(Tue) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 3.

RICOH GR Digital Ⅲ

出発の1週間前にドカ雪が降った。
この旅の目的が「雪景色を撮る」だったから
これで目的が達成されるとみんなで喜んでいたところ
現地に到着したら、暖かい上に晴天続きで雪が解け始めていたという...orz

雪が残っているうちに少しでも雪景色を撮っておこうと
造り酒屋でのんべえ休憩しているメンバーを置いて(何
郡上八幡城 を訪れる。

RICOH GR Digital Ⅲ

軽いハイキング並みの道のりで
山の上にある郡上八幡城まで辿り着くと
思わず深呼吸したくなるような眺めが広がった。

それは予想していたほど真っ白な景色ではなかったけれど
家族以外のひとたちとの旅行というのが何十年十数年ぶりだったこともあり
感動と思い出のワンシーンになっていたり。

|2012.02.13(Mon) |郡上八幡 2011  |

CP+2012ぶらぶら

Nikon D7000

東京ビッグサイトで開催していた頃から毎回のように行ってる CP+
今年も横浜で開催だったんだけど、私も行ってきたよ、
今回の会場であるパシフィコ横浜へ。

カメラの大手各社がこのCP+直前に新製品を打ち出してきて
開催前から異様な盛り上がりをみせていたから
今回もきっと人混みすごいぞって思っていたんだけど
会場へ着いてみたらまさにその通りで、入場からして長蛇の列。

話題のカメラは実機を触るのにも長蛇の列だし
どうせ買わないから買えないから並んでまで触らないでもいいか、ってな調子で
とろい私はここへ行くと本来の目的を見失うこと多し(違

Nikon D7000

それにしても、インフルエンザで学級閉鎖が増え続けている最中にあって
これだけの人混みにマスク無しで自分から飛び込んじゃう来場者って
ある意味すごいね。
週明けに高熱出てなきゃいいけれど。
やっかいなのはインフルエンザ熱じゃなくて、カメラ熱かも?

Nikon D7000

CP+会場では 御苗場 も同時開催ってことで、10回目の今回も 233写真部 をはじめ
写真仲間の展示もめちゃめちゃ多くて、その全部を観て回るだけでもかなりたいへんだった。
でも、熱気や活気があっていいなぁ、めちゃめちゃ刺激をもらってきたり。

ってことで、下の写真は 233写真部 の今回の展示作品を1冊にまとめた豆本。
出展部員の皆さんの展示作品もよかったけど、この豆本もかわいかった!

Nikon D7000

この日は5人のカメラ仲間とCP+の他に横浜の街をぶらついてみたり。
そんなわけで、5人で青春記念撮影(足短っ
でもって、次回は第34回世界の中古カメラ市に出没予定(マジ?

Nikon D7000

|2012.02.12(Sun) |Nikon D7000  |

郡上八幡にて 2.

RICOH GR Digital Ⅲ

この旅行の前日、ネットで注文したカメラ(GRDⅢ)が届いて
慌ててバッテリーを充電したっけ。
旅行前日だからさすがにマニュアルを読んでる時間も無くて
それまでバッグに詰め込んで出掛けたんだった。

同行の仲間に初代機を持ってるひとがいて
使い方はほぼ同じだからといろいろ教えてもらいながら
撮影はこの駅から始めたのを覚えている。

使いやすいコンデジのはずなんだけど
撮り始めの何枚かはブレブレで...(滝汗

私ってやっぱへぼいフォトグラファーだな...(大恥

RICOH GR Digital Ⅲ

そういえば...
初代iPod Shuffle(古!)の専用イヤホンの調子も
しばらく前からかなりおかしい。
左側の音量が右と比べてやけに小さくて
コードか接続部のどこかが切れたのかな?

・・というか、そろそろ寿命なんだろうね、
何年使ったんだろう?

ずっと愛用してきたから、これくらいのことで捨てるのも惜しくて
音量バランスが崩れたまま使っていたんだけど
ふと気付いたら、いつの間にか両耳で音量合っていたりなんかして(何

健気なやつだな(誰

どうしてだか奇跡的に復活しちゃったみたいだけど
壊れ始めているのは確かなんだろう。

よしよし、使えるうちはしっかり使ってあげるよ。

って、新しいiPod Shuffleに買い替えるのが面倒なだけだったりして...(大恥

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.11(Sat) |郡上八幡 2011  |

郡上八幡にて 1.

RICOH GR Digital Ⅲ

ちょうど1年前、写真仲間と出掛けた郡上八幡撮影旅行。
この時の写真のアップがまだだった。
そんなわけで、満を持して漸く登場(違
まずは朝焼けの残る郡上八幡の鉄子写真から。

RICOH GR Digital Ⅲ

ちょうど1年前のことだから
今から慌てて出掛けたら、同じ風景が見られるのかもしれないね。

RICOH GR Digital Ⅲ

|2012.02.10(Fri) |郡上八幡 2011  |

車窓から

Nikon D7000

スープの冷めない距離に私の実家があって
その真隣りにひとつ違いの実姉家族が住んでいて
そんなこともあり、姉宅とは何かしら影響し合う我が家。

車の買い替えもそのひとつで
ふたつ前の車を同じ車種の色違いで一緒に買い替えたことに始まる。
9年目の車検が近付くと当然、買い替え話が出てくるわけで。

今回はエコカー減税だの補助金がなんちゃら(下記省略)・・ってことで
写真展であれやこれやと忙しくしていた1月の中旬には
姉がこの件で電話やメールをよこし始めた。
写真展直前でそれどころじゃなかった私我が家もそんな影響モロ受けで
慌てて各社のショールームへ足を運ぶ。

姉が買い替えを急ぐ理由をイマイチ理解していない私たち、
ショールームへ行って初めてその状況を理解する。
エコカーじゃないものを選ぶなら、3月中に登録まで終っていないと
4月以降は減税率が減らされちゃうんだってね。

姉はT社で大人気のハイブリッド車Aに買い替えるんだと息巻いていた。
燃費がいいからというのと、人気のハイブリッド車というのが決め手らしい。
人気車だけに、今すぐ契約しても納車は数ヶ月待ちということらしく
買い替えをめちゃめちゃ急いでいた。

夫は自分の機材(謎)が楽に運べる車がよかった。
それには姉の選んだ車は小さかった。
そんなわけで、最初は夫のいいなりになって荷台の広いものを見て回ったが
その間、私は買物に使うだけだからと
今の車より大きいのは嫌だと言って歩いた。

2月に入って再びショールームに足を運ぶと
ちょうどよさそうな車をたまたま発見、それがH社のF。
同じハイブリッド車でも室内が若干広く(その分T社のAより燃費は悪いが
夫が載せたい機材も積めることがわかった。
そうなると話は早い。
姉は数ヶ月間の納車待ちを強いられているところ
我が家は今月中に納車予定。

今の車がビーンズ色なら、今度はバッタ色。
正式には"フレッシュライム・メタリック"というのだそうだが
あまり見かけない色で変わっているかも。

ハイブリッド車は燃費はいいけど、購入時は意外と割高なお値段。
この買物がお得だったかどうかはエコカーなだけに
今後の私たちの使い方次第らしい。
果たしてその結果やいかに。

|2012.02.09(Thu) |Nikon D7000  |

毎度。

Nikon D7000

タイトルの"毎度。"の意味は
ココ とか ココ にも載せている同じ場所の写真だから。
いずれもミニチュア風に仕上げてるところがミソ(何

仕上がりが同じようでも
撮ったカメラも、仕上げるまでの工程も微妙に違う。
カメラ内でフィルターを使ったものもあれば
スマホのアプリを使ったものもあるし、
フォトショップなどのレタッチソフトで処理したものもある、今日のがそれ。
今は同じように加工するにしても、その方法が選べたりするんだよね。

元々は大判カメラにチルト・シフトレンズなるものを付けて撮った描写らしいけど
この作風で有名な写真集が写真家 本城直季氏の「small planet」で
本城氏はこれで 第32回(2006年度)木村伊兵衛賞 を受賞していたりする。
(第32回木村伊兵衛賞受賞者は2人、もうひとりは 梅佳代氏で「うめめ」で受賞)
私が初めてこの作風にチャレンジして、このブログにアップしたのは
それから遅れること約2年(遅っ
それ もたまたま渋谷で撮ったトイデジ写真で、
当時の私にはレタッチなんてほとんどできなかったこともあり(大恥
某所の写真作成サイトで加工したり、加工ソフトをDLしてきて使ったりした覚えがある。

この"ミニチュア風"の写真にはほとんどの場合ボケた部分があって
それはチルト・シフトレンズなるものの描写を
そのまま引用しているからだと思うんだけど、
どちらかというと、このボケた部分があまり無いほうが私の好みで…
というわけで、今日の写真はフォトショでコントラストを上げただけという(何
ある程度高い位置から被写体を小さく撮れば
コントラストを上げるだけでも"ミニチュア風"にはなるんだよね。

って、手抜きじゃないよって言っても誰も信じないかもだけど(汗
十分"ミニチュア風"にはなってるし、好きじゃないボケも無いしで
これでいいじゃん、十分じゃん、とたまに自分のセンスで胸張ってみる。

その胸の頼り無さったら…(逃

Nikon D7000

|2012.02.07(Tue) |Nikon D7000  |

sora

Nikon D7000

今朝の番組で 東京ゲートブリッジ の話題をやってた。
開通間近なこの橋で、先週末にはこの橋をサイクリングやランニング、ウォーキングなどで渡る
スポーツイベント が開催されたらしい。
その模様をテレビで見て、昨年見に行った時のこと を思い出す。

その時は橋の中央部を接続したばかりだった、昨年の3月のことだ。
あれから約11ヶ月後ほぼ1年後の今月の12 日(日)、漸く開通する。
開通直後はきっと混み合うだろうな。
今度は橋を下から眺めるのでなく、開通した橋の道路を車で
そして、橋の歩道をカメラ持参で渡りたいな。

ちなみに、写真の検見川浜から東京ゲートブリッジは
たぶん見えるところにあるんだろうけどよくわからない。
今日アップした2枚の写真には、方向が違うから写っていないと思うが
今度望遠鏡持っていって、ここからだとどこらへんに橋があるのか
調べてみたいと思っていたり。

Nikon D7000

|2012.02.06(Mon) |Nikon D7000  |

Happy Happy Birthday

Nikon D7000

写真展の直前、父の23回目の命日があった。
もろもろの雑用に明け暮れていた私は
父のお墓へも、スープの冷めない距離にある私の実家へも
行って手を合わせることをしなかった。
やや足元の危なくなった母と、仕事で忙しくしていた姉も
同じような理由でお墓までお参りに行けていないというので
2月に入ってから3人で遅ればせのお墓参りに出掛けた。

たまたま2月は私と母の誕生月で、誕生日がたった1日違い。
そんなわけで、父のお墓参りと、私と母のお祝いランチが
当然のように一緒くたになったのだが、
遅ればせの父の命日なんて、お墓参りが済めば影も薄くて
父には本当に申し訳ないことだけど
「人間、死んだらお終い」をまさに地でいく家族だったり(何

ケーキを買ってきてお祝いをする、というのは
今では当たり前のことのように思うし
毎年、誕生日には夫がケーキを買ってきてくれて
母や姉とランチをせずとも
自分の家族にはお祝いしてもらっている身なのだけれど、
私が幼い頃は家がとても貧しくて、両親はもちろん共稼ぎだったし
ケーキを買ってきて祝うような裕福な家庭ではなかったこともあり、
それはまぁ、そんな時代だったということもないわけじゃないけれど
誕生日を祝うという習慣自体がほとんど無いまま大人になった。

そんなこともあり、ひとに誕生日を祝ってもらうことって
今でもちょっと苦手。
SNS等で以前は公開していたけれど、今では一切やめてしまった。

そうすると、誰からも祝ってもらえなくなるのが当然で。
祝われること自体はけっして悪い気はしないのだけれど
苦手なだけに誕生日を知られないほうが、
忘れられていたほうが気楽、とか思ってしまった。

でも、それがいたんだな
たったひとりだけど、誕生日を覚えていた仲間が。

誰も覚えていないだろうという
ある意味、とても意地の悪い人間不信を見事にぶち壊してくれたそれは
うろ覚えの記憶のまま遅れて届いたお祝いメッセージで。

「2月生まれなのは確かだから」と
私のために書かれた温かい言葉たちがいきなり自分の中に飛び込んできた。
それを不思議とすんなり受け取ることが出来たのは
やっぱり一緒に過した濃い時間があるからなのかな。
素直にじんわりと感情がこみ上げてきて
涙を止めるのにちょっと苦労した(恥

ありがとう、お祝いメッセージ。
覚えていてくれるなんてすごい、感動したよ。
祝ってもらうって、やっぱりいくつになっても嬉しいね。
私ってこんな風にとても屈折したやつなんだ。
でも、意外と幸せものだったんだね、今頃気付いたよ。

それでも祝われるのはやっぱりこっ恥ずかしいから
来年は忘れちゃってね。
それで全然大丈夫だよ、信じているから。

|2012.02.05(Sun) |Nikon D7000  |

バックヤード

Nikon D7000

彼女が食べてたおにぎりの中身は鮭だった、なんて。
どうしても今回の写真展の話ばかりが続いちゃうけど、
カメラって本当に便利なものだね、記憶はすぐに曖昧になってしまうのにね、
こうして写真を撮っておけば記録になってくれてホントいいよ。

前回の Workshop 2Bの写真展 の時もそうだったけど
今回もたまたま同じ会場での展示で、会期も同じ6日間ということもあるけれど
その6日間せっせと会場通いして、毎日のように仲間と顔を合わせていたせいか
1日1日がとても濃かったように思う。

他の面々と違って専業主婦の私は
普段、他人とずっと顔を合わせるなんていう機会がとても少ない。
だから、会期が終ってしまって妙にひと恋しいというか
そんな反動が出ちゃったんだろうな。

いつもなら次の展示予定がすでに入ってて
展示の終了が次の展示のための作品作りのスタートで
そうそう寂しがってもいられないんだけど、今回はそんな予定も無くて
すぐまた他の展示に参加しようっていう気にも全然ならない、
それがとても不思議。

めちゃめちゃ充実していたから
当分展示はいいかっていう気持ちもあるけれど
これからは展示より写真を撮るほうに
もっと予算を回したいっていうのもあったりして。

それにしても…

「ラーメン食べたい」と言い出して
「んじゃ、明日のお昼ラーメン食べにいこうか」と気軽に約束して
写真のおにぎりの主とふたり肩を並べて食べたラーメン、美味しかったな。
温かくて本当にめちゃ美味しかったんだよ。

それはきっと仲間と一緒だったから感じられた味なんだろうな。

Nikon D7000

|2012.02.04(Sat) |Nikon D7000  |

やったぁ!

Photoback POCKET 「Out of the Blue」

今回の写真展直前、写真集を Photoback で2つ作った。
ひとつは今回の写真展「Out of the Blue」のために撮影したものを
展示した作品も含めてまとめ、Photoback POCKET(写真上、画像クリックで編集画面が表示されます)で。

もうひとつは2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」で、
展示した作品を中心に、2009年から2010年にかけて撮影した多重露光写真を
Photoback ALBUM(写真下、画像クリックで編集画面が表示されます)で。

それぞれの編集画面の公開は会期終了後に申請し
それがどうやら2月1日頃から Photoback STAGE で公開されていたらしいのだが、
2日に私が確認したところ、「Double 2007-2010」が一昨日(2/1)のアクセスランキングで
なんと、1位になっていたという...(驚&喜
うれしいなぁ、注目してくれるひとってどこかにいるんだなぁ。

Photoback ALBUM 「Double 2007-2010」

実はこのALBUM、今回の写真展にご来場下さった写真家 鹿野貴司氏からも
「続きが見てみたい」と好評だったもの。

その鹿野氏は最近 233写真部 に入部され
今では部員同士という信じられない事実があったりする。
その上、この時の模様をご自身のブログにもアップして下さった。
今回一緒に出展した同じ233写真部員の howdygoto(後藤武則)氏と共に
鹿野先生のブログに載せてもらえるなんて…これはやはり夢?(違

鹿野先生、本当にありがとうございました!
多重露光写真もこつこつと撮り続けていきますね。

そんなわけで、鹿野氏とのツーショットもちゃっかり実現(笑
「続きを読む」にこっそりアップ(うひょ

続きを読む »


|2012.02.03(Fri) |Nikon D7000  |

展示を終えて

Nikon D7000

写真展も無事終り、今日で4日経った。
会期終了の翌日にはギャラリーから自宅へ送った展示作品もしっかり届いて
写真展で上がりまくったテンションもそろそろ下げないとと思う毎日。
でも、実情は未だ楽しい夢が覚めやらない感じ。

有名な写真家さんじゃないけれど
一番エネルギーが要るのは作品作りより
作品を見てもらうこと=展示だと思っている。
みんなが認めるほどの優れた作品ならいざ知らず、
とんでもなく下手な自分の作品を見てもらうのだから
作品作りも展示も自分にできることは精一杯頑張る。
そして、会場では始終笑顔でいるよう心掛ける
自分の作品の前でひとりでも立ち止ってくれることを祈りつつ。

今回も自分の作品を楽しんでもらえていたらいいな。

Nikon D7000

会場に展示していたポストカードの募金は
皆さまのお陰でたくさん集まりました。
この募金は 国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン を通じて
東日本大震災への義援金に使われます。

たくさんのご協力ありがとうございました。

* 国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
http://www.worldvision.jp/

Nikon D7000

|2012.02.02(Thu) |Nikon D7000  |

 |TOP



Information


Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展"LIFE LOMO 2009"で展示したものを中心にセルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Entries

Photobook "Memories 3" (03/18)
"Memories 3"の編集画面 (03/18)
Photobook "Memories 2" (03/08)
"Memories 2"の編集画面 (03/08)
Photobook "Memories 1" (02/23)
"Memories 1"の編集画面 (02/23)
Photobook "Selfie" (02/17)
雲取山年越し山行を振り返って (02/04)

Categories

雲取山年越し山行 (39)
栗沢山登頂 (24)
尾瀬紀行 2016 至仏山 (48)
イタリア旅行記 (15)
パリ旅行記 (78)
ニューヨーク旅行記 (48)
日帰り山歩き (9)
七面山登詣 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
富士山 2013 (30)
谷川岳 2013 (24)
尾瀬紀行 2013 (14)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (33)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (40)
earth film (3)
写真展のお知らせ (10)
ボステリ娘 (8)
その他 (13)
Photobook (9)

Archives

2017年03月 (4)
2017年02月 (20)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (10)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。