Such an ordinary scene


フランシスコ会修道院 追記

Olympus OM-D E-M10

13世紀に建てられた最初の修道院は城壁外の ピレ地区 にあった。
14世紀になって戦争の脅威にさらされ、城壁内へ移ると
修道院と共に薬局も開設し、その後も改修が重ねられてきたのだが、
17世紀(1667年)に発生した大地震によって崩壊。
城壁内の街も壊滅的な打撃を受け、5000人以上の市民が犠牲になった。
地震によって火災も発生し、街は数日間燃え続けたという。

この フランシスコ修道院 も含め、
街の建物のほとんどが震災後に再建されたのだが、
その多くはゴシック・ルネッサンス様式だった。
再建後はバロック様式で建てられたため、街の様相が一変。
その震災前の旧市街を描いたものが写真の絵。
この修道院の中庭を囲む壁に飾られている。

Olympus OM-D E-M10

|2020.03.07(Sat) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

再開するのかしないのか悶々と 3.

Olympus OM-D E-M10

このブログはサボりまくっていたけど、
昨年撮って来た ニューヨーク のフォトブックでも作ろうと
写真画像の編集作業はコツコツとやってた。
2月の自分のバースデー割り引き価格で作りたかったけど
結果的に間に合わず、
次の締め切りを考える前にやる気を失くして今に至る。

新型コロナウイルス騒動が起きなければ
このブログもまだまだ放りっぱなしだっただろう。

振り返れただけマシか?
そう思うこと自体かなり情けないけど
『再開するのかしないのか悶々と』・・なぁんていうとぼけたタイトルでも
記事を3つもアップできるぢゃないの。

よしよし、自分。
前のようになんて意気込まず、
今の自分のペースでほら、ほら、ほら、ほら。
次の旅が決まらないうちにほら、ほら、ほら、ほら。

|2020.03.05(Thu) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

再開するのかしないのか悶々と 2.

Olympus OM-D E-M10

今、気になる本が2冊ある。
どちらも花粉症を治すための本で、
販売価格もほぼ同じようなもの。
内容は、フラクトオリゴ糖を摂って1日で治すのか、
ビタミンDを摂って1週間で治すのかの違い。
果たして、どちらを選んだら私の花粉症は治るのか?
両方試してみる価値はありそうか?
40年以上も患ってきた横綱級の花粉症なんだけど。

国民の4割前後が罹っているといわれる国民病。
それだけに保険適用になっている花粉症の薬だが、
将来的に保険適用でなくなるという噂があって、
それが本当なら、花粉症患者を代表して声高に叫びたい、
薬の保険適用をやめるなら、その前に杉の木を全部切ってくれと。

…と、写真の旅行記とは全く関係の無い話を添えて
サボってたツケというか、後遺症(?)のリハビリに
取り敢えず今日も写真を1枚上げてみた。

いいぞ、昨日よりやや前向き。

|2020.03.04(Wed) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

再開するのかしないのか悶々と

Olympus OM-D E-M10

3月の予定が見事に全部無くなった。
新型コロナウイルス感染症 のせいだ。
週3で通っていたスポーツ教室はもちろん
町内会の防災訓練や役員会議まで全部中止になった。
ここ数年、頑張ってきたことが一斉に中止になってしまって
ふと思った、これはサボってたこのブログをやれ…ということかと(何

そんなワケで、
久々にこの ドゥブロヴニク旅行記 を振り返ってみた。
成田 から イスタンブール経由 で ドゥブロヴニク に到着。
ホテルに荷物を置くとすぐに 旧市街 へ。
まずはロープウェイに乗って スルジ山山頂 へ。
下山後は 旧市街へ戻って「城壁歩き」…と
到着した日すらまだ終えていないのかぁ…orz

内容が濃い旅行だったんだなぁ。
再開してもすぐに心が折れそうだ。
これまで熱心にアップしてきたこと自体マジ奇跡に思える。
なんてマメだったのだろう。
これを今の自分に求めるのは無理がある(何

…と心は始める前から後ろ向き。
だけど、きっとこの期を逃すと再開なんて無さそうで
取り敢えず、ドゥブロヴニク で撮った写真を1枚上げてみた。

ああ、選んだ写真も後ろ向きだ、なんて...(ヲイ...

|2020.03.03(Tue) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

Happy New Year ! 2020

2020Post Card
※画像クリックでやや拡大

2019年の大晦日、
早朝というには早過ぎる時間帯に
2020年の元旦予約でアップするつもりのこの記事を書いてる。
このブログを始めたのが2006年の11月だから、
先月で13年間も続けてきたらしい。
何事も飽きっぽい私にしては頑張ってる、
更新サボりまくりな姿を晒しまくりなこの頃だけど(恥

持っているカメラがどんどん古い機種になってしまって、
故障したら修理にも出せなさそうなのに、
買い替えなんていう気が起きない。
最近ではパソコンですら一週間に数回という立ち上げ、
起きている間はほぼ起動していた頃の情熱が懐かしい。

先月、10年ぶりくらいに健康診断を受けて、
あれだけ減らせなかった体重が5キロ程痩せていたり、
以前より数値的には健康になっている自分を知った。
スポーツ教室などで身体をよく動かしているからで、
情熱をそっちに奪われたということもない。
だけど、さすが還暦、あっちもこっちもという「体力」は無く、
その結果がこのブログの更新サボりなのだろうと
自分なりに分析している。

そんな私だからこそ、まだまだ悪あがき(笑
サボリまくりなこのブログを続ける意味なんてたぶんもう無い。
だけど、2020年もやめない。
時々思いついたように足らない言葉で文章を綴り、
下手な写真を載せるんだ、元気で生きてるなら。

|2020.01.01(Wed) |その他  |

3ヶ月間のご無沙汰

YI
Photo by T.

3ヶ月間のご無沙汰(滝汗
この3ヶ月の更新さぼりの間に
ちゃっかり 2度目のニューヨーク旅行 へ行ってきた。
今回の旅は夫のリクエストだったのだが、
アクションカメラまで持参して、
2度目らしい過ごし方もしてきた。
撮れ高も多いから、このブログにも早くアップしたい。

YI

・・・と、その前に
ドゥブロヴニク旅行記 が終わっていない...(汗

iPhone

更に、昨年10月の 涸沢カール紅葉山行 も未だ手付かずで
2度目のニューヨーク旅行記 がいつ頃アップできるのか
全然見通せない。
自業自得か...(涙

iPhone

|2019.10.22(Tue) |ニューヨーク旅行記 2019  |

フランシスコ会修道院 2.

Olympus OM-D E-M5

プラツァ通り に面した フランシスコ会修道院の教会 の入口はふたつ、
東側の大きな扉の方が正面玄関で、扉の上には
ドゥブロヴニクの石工ペトロヴィッチ兄弟 が制作した ピエタ像 がある。
※”ピエタ”とは、聖母子像の一種であり、
磔刑に処されたのちに十字架から降ろされたイエス・キリストと
その亡骸を腕に抱く聖母マリアをモチーフとする宗教画や彫刻などのこと。

Olympus OM-D E-M5

Olympus OM-D E-M5

Olympus OM-D E-M5

現在ではバロック様式に改築された教会内部。
ここには、書いた作品によって後世に名を残したクロアチアの詩人
イワン・グンドゥリッチ の墓があるのだが、
礼拝に訪れた人に遠慮してじっくり観て回ることができず...(汗

|2019.07.21(Sun) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

フランシスコ会修道院 1.

Olympus OM-D E-M5

前記事 でも説明したのだが、
ピレ門 を入ってすぐの左側にある建物が フランシスコ会修道院 の教会。
すぐ傍には オノフリオの大噴水 もあり、
修道院の入口は教会の脇を入ったところにある。
元々は 城壁外のピレ地区 にあったのだが、
14世紀初頭、ドゥブロヴニク共和国 が戦争の脅威にさらされると、
フランシスコ会の修道士たちも城壁内へ移り住んだ。
現在では プラッツァ通り の 聖救世主教会 から ミンチェッタ要塞 までの
広い敷地を持つ。
修道院 は1307年から造り始め、
1667年の大地震のあとに再建されたものが現在の姿。
中庭は14世紀のロマネスク様式のままの姿で残っている。
世界で3番目に古い薬局、マラ・ブラーチャ薬局 もある。

Olympus OM-D E-M5

フランシスコ会修道院 の入口。
写真向かって左側は 救世主教会 の壁。
右側には 前記事の石台 や 教会の入口がある。
入場料は30kin(約540円 ※1kn=18円換算)。

Olympus OM-D E-M5

写真真ん中に写っている柵の向こう側には中庭がある。
柵の手前で観光客が中を覗いているのが マラ・ブラーチャ薬局。

Olympus OM-D E-M5

薬局の中は撮影禁止なため、
窓からガラス越しに撮影した マラ・ブラーチャ薬局。
修道院で育てたハーブを民間療法に取り入れたのが薬局の始まりで、
現在でも安くて高品質のコスメとして人気がある。
(私は後日、ここでローズウォーターを買い、お土産にした)

Olympus OM-D E-M5

Olympus OM-D E-M5

Olympus OM-D E-M5

ロマネスク様式の柱が美しい 修道院の回廊。

Olympus OM-D E-M5

14世紀のままの中庭。
アシジの聖フランシスコ像 は噴水だろうか。

Olympus OM-D E-M5

回廊の円形窓に見えた鐘楼を撮る観光客。

Olympus OM-D E-M5

回廊の壁に展示されていた 開設当時の薬局 の絵。
実は回廊の奥が 博物館 になっており、
そこにはこの絵と同様の薬局が再現され、
古い薬や調合のレシピなどが展示されていたのだが、
私たちはその入口に気付かず...(涙、涙

Olympus OM-D E-M5

城壁歩き で城壁の上から覗いた中庭。

|2019.07.21(Sun) |ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018  |

 |TOPBack



Information


Entries

フランシスコ会修道院 追記 (03/07)
再開するのかしないのか悶々と 3. (03/05)
再開するのかしないのか悶々と 2. (03/04)
再開するのかしないのか悶々と (03/03)
Happy New Year ! 2020 (01/01)
3ヶ月間のご無沙汰 (10/22)
フランシスコ会修道院 2. (07/21)
フランシスコ会修道院 1. (07/21)

Categories

ニューヨーク旅行記 2019 (1)
ドゥブロヴニク(クロアチア)旅行記 2018 (25)
富士山 2018 (13)
カンボジア旅行記 2017 (48)
富士山 2017 (20)
雲取山年越し山行 2016-2017 (39)
栗沢山登頂 2016 (24)
尾瀬紀行 至仏山 2016 (48)
イタリア旅行記 2016 (82)
パリ旅行記 2015 (78)
ニューヨーク旅行記 2014 (48)
七面山登詣 2012-2016 (65)
那須岳縦走 2014 (16)
谷川岳 2013 (24)
富士山 2013 (30)
尾瀬紀行 2013 (14)
日帰り山歩き (9)
小江戸・佐原にて 2012 (10)
香港旅情 2011 (31)
郡上八幡 2011 (17)
谷中散策 2011 (25)
SIGMA DP2 Merrill (11)
Olympus OM-D E-M5 (35)
Olympus OM-D E-M10 (3)
Olympus E-PL1s (2)
Nikon D7000 (72)
RICOH GR Digital Ⅲ (16)
Canon EOS-Kiss Digital N (194)
LOMO LC-A (79)
LOMO LC-A+ (28)
LOMO Lubitel 166 U (55)
Gakkenflex (3)
HOLGA 120GN (38)
Diana+ (20)
Fisheye 2 (1)
Smena 8M (6)
SuperSampler (26)
Diana Multi-Pinhole Operator (6)
Lomography Spinner 360° (2)
Polaroid SX-70 (76)
Polaroid SLR690 (53)
Kodak Signet 35 (5)
Carl Zeiss WERRA (1)
Olympus Pen F (33)
IXY Digital 320 (22)
Olympus Μ (4)
Asahi Pentax ME (21)
Nikon F3 (1)
Nikon FM10 (5)
Rollei 35 (4)
Rollei B35 (8)
Rolleicord Ⅴ (18)
NATURA CLASSICA (5)
Pinhole Kuma35 (3)
Pinhole Holga (1)
110 Camera (3)
LomoKino (2)
SQ28m (6)
VQ1005 (50)
VQ3007 (17)
Genie III (12)
DSC517 (29)
Nikon D50 (1)
Xperia (46)
iPhone (45)
earth film (3)
写真展のお知らせ (11)
ボステリ娘 (14)
その他 (14)
Photobook (13)

Archives

2020年03月 (4)
2020年01月 (1)
2019年10月 (1)
2019年07月 (3)
2019年06月 (17)
2019年05月 (25)
2019年04月 (1)
2019年01月 (1)
2018年11月 (9)
2018年09月 (18)
2018年07月 (2)
2018年06月 (8)
2018年05月 (7)
2018年04月 (1)
2018年03月 (1)
2018年01月 (5)
2017年12月 (7)
2017年11月 (9)
2017年10月 (4)
2017年09月 (22)
2017年08月 (12)
2017年07月 (21)
2017年06月 (3)
2017年05月 (6)
2017年04月 (3)
2017年03月 (6)
2017年02月 (21)
2017年01月 (22)
2016年12月 (1)
2016年11月 (14)
2016年10月 (47)
2016年09月 (16)
2016年08月 (8)
2016年07月 (8)
2016年06月 (22)
2016年05月 (15)
2016年02月 (1)
2016年01月 (7)
2015年12月 (2)
2015年10月 (1)
2015年09月 (5)
2015年08月 (22)
2015年07月 (16)
2014年10月 (5)
2014年09月 (11)
2014年08月 (18)
2014年07月 (36)
2014年06月 (1)
2014年05月 (14)
2014年04月 (27)
2014年03月 (10)
2014年02月 (4)
2014年01月 (2)
2013年12月 (2)
2013年11月 (14)
2013年10月 (27)
2013年09月 (15)
2013年08月 (12)
2013年07月 (17)
2013年06月 (12)
2013年05月 (8)
2013年04月 (8)
2013年03月 (4)
2013年02月 (3)
2013年01月 (9)
2012年12月 (4)
2012年11月 (4)
2012年10月 (18)
2012年09月 (10)
2012年08月 (1)
2012年07月 (3)
2012年06月 (6)
2012年05月 (20)
2012年04月 (12)
2012年03月 (26)
2012年02月 (23)
2012年01月 (18)
2011年12月 (22)
2011年11月 (10)
2011年10月 (7)
2011年09月 (6)
2011年08月 (15)
2011年07月 (17)
2011年06月 (6)
2011年05月 (10)
2011年04月 (12)
2011年03月 (12)
2011年02月 (20)
2011年01月 (17)
2010年12月 (12)
2010年11月 (8)
2010年10月 (6)
2010年09月 (11)
2010年08月 (20)
2010年07月 (20)
2010年06月 (14)
2010年05月 (11)
2010年04月 (4)
2010年03月 (11)
2010年02月 (13)
2010年01月 (22)
2009年12月 (15)
2009年11月 (12)
2009年10月 (5)
2009年09月 (7)
2009年08月 (22)
2009年07月 (25)
2009年06月 (10)
2009年05月 (18)
2009年04月 (11)
2009年03月 (18)
2009年02月 (20)
2009年01月 (9)
2008年12月 (10)
2008年11月 (2)
2008年10月 (5)
2008年09月 (7)
2008年08月 (9)
2008年07月 (14)
2008年06月 (13)
2008年05月 (15)
2008年04月 (20)
2008年03月 (18)
2008年02月 (19)
2008年01月 (19)
2007年12月 (12)
2007年11月 (15)
2007年10月 (20)
2007年09月 (20)
2007年08月 (20)
2007年07月 (19)
2007年06月 (14)
2007年05月 (24)
2007年04月 (38)
2007年03月 (36)
2007年02月 (36)
2007年01月 (34)
2006年12月 (31)
2006年11月 (13)

Bookmarks

Profile

未哉

未哉 ( Miyah Oshima )

日々のありふれたシーンを気ままに撮って、気ままに掲載しています。
写真から何か感じてもらえたら嬉しいです。
リンクはご自由にどうぞ。

渡部さとる主宰 workshop 2B 34期生。

* 写真の無断転載や無断使用等は固くお断りします。

PhotoBooks


Memories 5

● Memories 5

2014年3月の七面山登詣、2015年10月の丹沢 鍋割山&塔ノ岳縦走、11月の金峰山登頂、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 4

2013年10月の那須 茶臼岳&朝日岳縦走、一ノ倉沢&八海山ハイキング、11月の大菩薩嶺登頂、 12月の竜ヶ岳ダイヤモンド富士撮影登頂の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 3

● Memories 3

2013年8月の谷川岳登頂、9月の宝永山(富士山)登頂、9月の七面山登詣の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 2

● Memories 2

2013年3月の七面山登詣、6月の尾瀬ハイキング、7月の富士登山の3つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Memories 1

● Memories 1

2012年9月の七面山登詣、10月の身延山登詣、11月の七面山登詣、12月の七面山年越し登詣の4つの山旅を、A5サイズのフォトブックにまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Selfie

● Selfie

2009年1月に開催したLomographyカメラによるグループ写真展 "LIFE LOMO 2009" で展示したものを中心に、セルフ・ポートレートをまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

富士山2013

● 富士山 2013

世界文化遺産に登録されたばかりの富士山に吉田ルートで初登頂。
その模様を PHOTOPRESSO にまとめました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback JOURNAL Day Dream

● Daydream...

デジタル一眼レフカメラにトイカメラのレンズや手作りのフィルターを着けたり、その風合いをサンプルして仕上げた写真でPhotoback JOURNALを作りました。233zine部展「NEXT」に出品。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback POCKET Out of the Blue

● Out of the Blue

写真展「Out of the Blue」のために撮影したものをまとめて
Photoback POCKETを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback ALBUM Double 2007-2010

● Double 2007-2010

2010年7月に開催した個展「Double -ひとつに溶け込むふたつのシーン-」
で展示した作品を中心に、2007年から2010年にかけて撮影した多重露光写真でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Somewhere

● Somewhere ~Sometimes, somewhere~

シブヤプロダクツ × DreamPages のコラボレーション・イベント "MY DREAM MY LIFE"第2弾 に233写真部部員有志として展示参加。
DreamPages の協賛で旅行写真集を作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。

Photoback BUNKO in the coner ~片隅で・・~

● in the coner ~片隅で・・~

撮り溜めた写真でPhotoback BUNKOを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

         

Photoback ALBUM S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

● S.A.O.S. ~Such an ordinary scene vol.2 ~

トイデジのVQ3007でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。

Photoback ALBUM Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

● Shibuya de Burari ~カメラ片手に渋谷でぶらり~

トイデジのVQ1005でPhotoback ALBUMを作りました。
左の表紙画像をクリックすると編集画面がご覧になれます。
* STAGEでSelectionに選ばれました。